妻と子が二人のケース


相続関係説明図


相続関係説明図は、登記申請に使った戸籍謄本などの原本還付を受けるために提出する書類です。

不動産を持っている夫が亡くなり、相続人が妻、長男、二男のケースです。

遺産分割協議により、長男が不動産を相続する場合の相続関係説明図です。


被相続人(亡くなった方)の最後の本籍、最後の住所、登記簿上の住所を、戸籍謄本、住民票除票、登記事項証明書などを見ながら記入していきます。

亡くなった方の所には、「被相続人」と記載しておきます。

生年月日と死亡年月日を記入していきます。


相続人については、続柄、氏名、生年月日などを記入します。

相続人の住所については、記入している文例もありますが、私の場合は書かないことが多いです。

それでも、登記は問題なく通っています。

遺産分割協議の結果、不動産を相続する相続人には(相続)、相続しない相続人には(分割)と記入していきます。


「相続を証する書面は還付した」という文言を加えておきます。


エクセル書式ダウンロード

相続関係説明図(エクセル)


遺産分割協議書 文例ひな形(雛形)一覧

遺産分割協議書


相続登記サービス  預金相続サービス

【解説】親の遺産の相続手続

相続関係説明図

遺言書 ひな形一覧



司法書士ひな形集(文例集)
本サイトに掲載してある情報はご自身の責任においてご活用ください。



相談の多いサービス

相続登記
相続放棄
遺言書作成


電子書籍(kindle本)出版しました

認知症になると不動産・預貯金が凍結されます。
家族のために認知症に備える方法について解説しました。

現在、無料でダウンロードできます(Amazonの意向で無料販売が中止されることがありますので、お早目にダウンロードしてください)。



「家族信託・活用ガイド」司法書士柴崎智哉著

kindle本は無料アプリを使ってPCやスマホで読めます。
無料アプリ

家族信託 出版のお知らせ



Q&A 「家族信託」の活用 これで親子の相続・介護トラブルを防ごう!

認知症になると預金が下ろせなくなったり、不動産が売れなくなります。
「家族信託」でお子さんに財産管理を任せましょう。


ご予約・お問い合わせ

司法書士柴崎事務所

埼玉県東松山市元宿二丁目26番地18 2階
電話 0493-31-2010

主な業務
相続登記 預金相続 遺言書作成サポート 相続放棄

相続手続・家族信託の初回面談相談を無料で承っております。
ご相談予約はお電話かフォームよりお願いします。

相続登記のご依頼はスマホ・パソコンを使ってオンライン(ビデオ通話)でご依頼いただけます。

無料相談受付中




主な業務対応地域
埼玉県、東松山市、川越市、坂戸市、鶴ヶ島市、ふじみ野市、富士見市、志木市、朝霞市、和光市、新座市、狭山市、所沢市、飯能市、上尾市、桶川市、北本市、鴻巣市、熊谷市、深谷市、行田市、さいたま市、蕨市、比企郡、鳩山町、嵐山町、滑川町、小川町、川島町、吉見町、ときがわ町、秩父市、東京都、板橋区、練馬区、豊島区、群馬県、栃木県など