家族信託を組むと不動産取得税はかかりますか?

質問

家族信託を組むと不動産取得税はかかるのでしょうか?


回答

家族信託を組んでも不動産取得税はかかりません。

地方税法第73条の7 3号を見てみましょう。

第七十三条の七 道府県は、次に掲げる不動産の取得に対しては、不動産取得税を課することができない。

三 委託者から受託者に信託財産を移す場合における不動産の取得(当該信託財産の移転が第七十三条の二第二項本文の規定に該当する場合における不動産の取得を除く。)

信託設定時に、不動産の所有権を委託者から受託者に移転したとしても、不動産取得税を課することができないと地方税法に定めてあります。

ただ、実際に信託を組んだら、県税事務所から不動産取得税の請求が来たと言う話を聞くことがあります。

もし請求が来たら、「信託なので地方税法第73条の7 3号に当てはまるから不動産取得税は課税されないはずだ」と県税事務所に言ってみましょう。


なお、信託を終了させて、帰属権利者に所有権移転をした際は不動産取得税が課税されますが、例外が地方税法第73条の7 4号に定められています。

第七十三条の七 道府県は、次に掲げる不動産の取得に対しては、不動産取得税を課することができない。

一 相続(包括遺贈及び被相続人から相続人に対してなされた遺贈を含む。)による不動産の取得

四 信託の効力が生じた時から引き続き委託者のみが信託財産の元本の受益者である信託により受託者から当該受益者(次のいずれかに該当する者に限る。)に信託財産を移す場合における不動産の取得

 イ 当該信託の効力が生じた時から引き続き委託者である者
 ロ 当該信託の効力が生じた時における委託者から第一号に規定する相続をした者

まず、4号のイですが、初めから終了まで委託者のみが受益者である信託で委託者に所有権を戻す場合は、不動産取得税が課税されません。

次に、4号のロとして、効力発生時から委託者のみが受益者である信託で、帰属権利者が初めの委託者の相続人である場合も不動産取得税が課税されません。

受益者連続信託を使った際に、不動産取得税がどうなるかはコチラのページを参照ください。


【無料】電子書籍(kindle本)

一般の方を対象に分かりやすく家族信託を解説した電子書籍(kindle本)です。



セミナー情報 お知らせメールの登録

司法書士柴崎事務所のセミナー等のご案内をメールでお知らせします 。

メールアドレスをご入力の上、ボタンをクリックしてください。




サブコンテンツ

予約・お問い合わせ

埼玉県東松山市元宿二丁目26番地18 2階
司法書士柴崎事務所
電話 0493-31-2010

当サイトへのリンクはご自由にお貼りください。

家族信託無料相談
アクセスマップ

【家族信託 業務対応地域】

東松山市 坂戸市 日高市 鳩山町 川島町 吉見町 嵐山町 小川町 滑川町 ときがわ町
毛呂山町 川越市 志木市 越生町 鶴ヶ島 北本市 鴻巣市 深谷市 志木市 ふじみ野市
富士見市 朝霞市 新座市 所沢市 日高市 飯能市 和光市 桶川市 上尾市 さいたま市
東秩父村 行田市 狭山市 秩父市 羽生市 埼玉全域 東京 千葉県 神奈川 群馬県

栃木   茨城  東京都 練馬区 板橋区 豊島区

このページの先頭へ