同居して介護してくれた子どもに財産を多く相続させるには

介護してくれた子どもに多くの遺産を渡せるか?

Aさんは妻に先立たれ、現在の推定相続人は長男Bと二男Cだったとします。

二男CはAさんと同居してAさんの介護をしていたとします。

長男Bは、Aさんとは同居しておらず、住んでいる場所も遠いためAさんには年に1~2回会いに来るぐらいです。

Aさんは自分の遺産は介護をしてくれている二男Cに多く渡したいと思っています。

どうすれば良いでしょうか?


寄与分

民法には「寄与分」という制度があります。

寄与分とは、共同相続人の中に、被相続人の財産の維持または増加について特別の寄与をした者があるときは、相続分以上の財産を取得させようとするものです。

ただし、寄与分が認められるのは、被相続人の事業に関する労務の提供または財産上の給付、被相続人の療養看護その他の方法により被相続人の財産の維持又は増加について特別の寄与をしたことが必要となります。

特別の寄与ですので、通常期待される程度を超える貢献でなければなりません。

どの程度の寄与をしたのかをめぐって、相続開始後、相続人間でもめる可能性があります。

また、実際に寄与分を算出するにも、その金額をめぐって争いになる可能性があり、相続人間で話し合いがつかなければ家庭裁判所が寄与分を定めることになります。


この様に寄与分という制度はあっても、介護をしてくれた子が必ずしも報われる結果になるとは限らず、家庭裁判所を使った手続をしなければならなくなると労力もかかってしまいます。

それを防ぐためにはどうすれば良いでしょうか?


生前に遺言書を作っておくことで対応

上記の例でいうとAさんが、介護をしてくれた子どもに多くの遺産を相続させる内容の遺言書を作っておけば二男Cさんは寄与分をめぐって苦労することはないでしょう。

Aさんが、二男Cさんからどの様な寄与行為を受けたか、この寄与分の金額はどのくらいなのかを決めて、それらを考慮した内容の遺言書を作成すれば、Cさんに多く遺産を相続させることができます。

遺留分を侵害していなければ、長男Bさんも遺言書の内容に従わざるを得ません。

親御さんと同居していたり、介護をしてくれている子どもに多くの遺産を相続させたい場合は、生前に遺言書を作っておきましょう。


なお、遺言書には自分で書く自筆証書遺言というものがありますが、形式を間違えると無効な遺言書となってしまいます。

万が一、無効な遺言となってしまっては、結局、遺産分割協議が必要となってしまい寄与分をめぐってもめる可能性が出てきてしまいます。

公証役場で作成する公正証書遺言なら形式を間違えて無効になってしまうのを防げます。

公正証書遺言で遺言書を作成することをお勧めします。


遺言書の書き方・文例 メニュー


遺言書の書き方トップ

自筆証書遺言を書いてみよう


公正証書遺言について


遺言書の文例・見本


特に遺言書を作っておいた方が良いケース


遺言書を作るときの注意点


電子書籍「遺言書・活用ガイド」出版

遺言書を作っておかないと相続手続が大変になるケースがあります。
相続手続の基本と遺言書を作っておいた方が良いケースについて分かりやすく解説した「遺言書・活用ガイド」を出版しました。

アマゾンにて99円でダウンロードできます(kindle unlimited 対象)。



遺言書・活用ガイド

公証役場紹介





サブコンテンツ

予約・お問い合わせ

埼玉県東松山市元宿二丁目26番地18 2階
司法書士柴崎事務所
電話 0493-31-2010
予約・問い合わせフォーム
アクセスマップ
相談の多いサービス 
相続登記 相続放棄 遺言書作成

当サイトへのリンクはご自由にお貼りください。

SNS

予約・お問い合わせ

無料相談受付中
アクセスマップ

業務対応地域
東松山市 坂戸市 日高市 鳩山町 川島町 吉見町 嵐山町 小川町 滑川町 ときがわ町
毛呂山町 越生町 鶴ヶ島 北本市 鴻巣市 深谷市 所沢市 狭山市 熊谷市 さいたま市
富士見市 川越市 秩父市 本庄市 行田市 飯能市 比企郡 埼玉全域

このページの先頭へ