子ども達の仲が悪いときは遺言書を作っておいた方が良い

遺産分割協議がまとまるか?

相続が発生して、不動産の名義を変えたり、預貯金の相続手続をするには遺産分割協議をして、相続人全員の実印を押印しなければなりません。

相続人になる予定の子ども達の仲が悪かったら、この遺産分割協議ができずに相続手続ができなくなるかもしれません。

そして、相続税の申告が必要なケースでは、相続発生後10ヶ月以内に申告をしなければなりません。

この場合、ますます遺産分割協議をスムーズにする必要があります。


また、現在は子ども達がもめてなくても、いざ相続が開始すると遺産の分け方をめぐってもめ始める可能性があります。

例えば、同居して親の介護をしていた子どもは、それも考慮して多く遺産をもらいたいと言うかもしれません。

他には、生前に他の兄弟よりも多くの贈与をもらった子がいた場合、これももめる要素になります。

これらを考慮して分け方を決めると言っても、その金額の算定方法をめぐってもめたり、実際、いくらの贈与を受けたのか証拠がなかったりして話し合いがこじれる可能性が高いです。


さらにやっかいなことに、子ども達だけの問題ではなく、子ども達の配偶者が口を出してくるケースも多いです。

子ども達はある程度で妥協しようと思っても、その配偶者が少しでも多く遺産をもらうようにけしかけるのです。


対策は遺言書を作ること

上記のような遺産分割での争いは親御さんも望まないところでしょう。

親御さんが遺言書を作っておくことによって、遺産分割協議の争いは防げるのです。

親御さんが子ども達にどの財産を相続させるのか決めておきましょう。

そして、付言事項として、その様に分けた理由も書いておきましょう。

例えば、「長男は私と同居して面倒を見てくれたので多く渡す」、「長女には家を建てるとき1000万円を贈与したので、その分を少なくした」などです。

こう書いてあった方が、子ども達も親御さんの分け方に納得する可能性が高まるでしょう。


なお、遺言書には自分で書く自筆証書遺言というものがありますが、形式を間違えると無効な遺言書となってしまいます。

万が一、無効な遺言となってしまっては、結局、遺産分割協議が必要となってしまい寄与分をめぐってもめる可能性が出てきてしまいます。

無効な自筆証書遺言や、変な書き方をしてしまったために相続手続が大変になってしまう遺言書というのは、実務をやっているとよく目にします。

公証役場で作成する公正証書遺言なら形式を間違えて無効になってしまうのを防げます。

公正証書遺言で遺言書を作成することをお勧めします。


遺言書の書き方・文例 メニュー


遺言書の書き方トップ

自筆証書遺言を書いてみよう


公正証書遺言について


遺言書の文例・見本


特に遺言書を作っておいた方が良いケース


遺言書を作るときの注意点


家族信託

認知症対策も考えるなら遺言書だけでは不十分です。
「家族信託」で認知症になっても不動産・預金が凍結しないようにしましょう。

「家族信託」を分かりやすく解説した電子書籍(kindle本)をAmazonで無料配布中です。



認知症による不動産・預金の凍結を防ぐ 家族信託・活用ガイド

公証役場紹介





サブコンテンツ

予約・お問い合わせ

埼玉県東松山市元宿二丁目26番地18 2階
司法書士柴崎事務所
電話 0493-31-2010
予約・問い合わせフォーム
アクセスマップ
相談の多いサービス 
相続登記 相続放棄 遺言書作成

当サイトへのリンクはご自由にお貼りください。

SNS

予約・お問い合わせ

無料相談受付中
アクセスマップ

業務対応地域
東松山市 坂戸市 日高市 鳩山町 川島町 吉見町 嵐山町 小川町 滑川町 ときがわ町
毛呂山町 越生町 鶴ヶ島 北本市 鴻巣市 深谷市 所沢市 狭山市 熊谷市 さいたま市
富士見市 川越市 秩父市 本庄市 行田市 飯能市 比企郡 埼玉全域

このページの先頭へ