信託銀行預かり株式(特別口座)の相続手続

上場株式が信託銀行の管理となっていることがある

亡くなった人が上場株式を持っていた場合、この株式が証券会社ではなく、信託銀行の管理となっていることがあります。

例えば、みずほ信託銀行、三井住友信託銀行、三菱UFJ信託銀行などです。

平成21年1月5日の株式電子化の際に、株券を提出しなかった場合に、信託銀行の管理となるようです。

配当の通知などの手紙が亡くなった人宛てに来ると、そこに信託銀行の管理である旨が記載されているので、そこから管理している信託銀行が分かります。

信託銀行の証券代行部宛てに電話を入れまして、株式の相続手続をしたい旨を告げると必要書類を送ってくれます。

この電話の際に、被相続人が亡くなった年月日を聞かれます。

亡くなった日が、株式電子化の前と後で書類が異なるようです。

株式の電子化後に相続が発生している場合は、株式を受け継ぐ人が他の証券会社で口座を開設して、そこに株式を移管するようです。

なので、信託銀行から相続に必要な書類(申請書など)を取り寄せるのと並行して、株式を相続する人が証券会社で自分の口座を開設する手続をしなければなりません。

証券会社は相続人の使いやすい所を選べば良いでしょう。

証券会社で口座を開設したら、信託銀行から送られてきた書類に、開設した口座番号などを記載します。

また、未払いの配当などは、信託銀行の書類に銀行口座を記入すれば、そこに振込んでもらえます。

信託銀行には、信託銀行が送ってきた申請書などの他に、相続関係を証明する戸籍謄本類一式、相続人の印鑑証明書、遺産分割協議書などを送ります。

戸籍謄本、印鑑証明書、遺産分割協議書などは後日、返してくれましたので、信託銀行が複数あっても使い回しができます。

なお、相続した株式を売却する場合、譲渡所得税を払わなければならないのですが、株式を買った値段が分からないといけないと新しく口座を作った証券会社に言われました。

買った値段を証明する書類を出せるかと信託銀行に聞いたところ、「株式異動証明書のことではないか」と言われ、その申請書も送ってもらいました。


以上、信託銀行に株式がある場合の相続手続について説明しましたが、株式の相続は預貯金の相続に比べて、非常に手間がかかりました。

ご自分で手続をするのが手間だという場合は、当事務所にご依頼ください。


面倒な株式の相続手続はお任せください

当事務所では、株式の相続手続サービスを受けたまわっております。

詳細は、こちらからをご覧ください。


銀行の相続手続 事例集


サブコンテンツ

予約・お問い合わせ

埼玉県東松山市元宿二丁目26番地18 2階
司法書士柴崎事務所
電話 0493-31-2010
予約・問い合わせフォーム
アクセスマップ
相談の多いサービス 
相続登記 相続放棄 遺言書作成

当サイトへのリンクはご自由にお貼りください。

SNS

予約・お問い合わせ

無料相談受付中
アクセスマップ

業務対応地域
東松山市 坂戸市 日高市 鳩山町 川島町 吉見町 嵐山町 小川町 滑川町 ときがわ町
毛呂山町 越生町 鶴ヶ島 北本市 鴻巣市 深谷市 所沢市 狭山市 熊谷市 さいたま市
富士見市 川越市 秩父市 本庄市 行田市 飯能市 比企郡 埼玉全域

このページの先頭へ