遺産分割協議をやり直したいとき

例えば、お父さんがなくなったときに、相続人がAさんとBさんで、お父さんの土地を遺産分割協議をして、Aさんが相続したとします。Aさんは、相続登記を完了したとします。

後になって、AさんとBさんとが、この土地はBさんのものにするべきであったと考え直したとします。土地が農地でなければ、贈与などでBさん名義に所有権を移転できますが、土地が農地であると農地法の許可が必要となります。

Bさんは、農家でもなく、農地法の許可がおりなかったとすると、土地をBさんの名義にするには、どうすれば良いでしょうか?


判例

最高裁平成2年9月27日判決は、共同相続人の全員が既に成立している遺産分割協議の全部又は一部を合意により解除した上、改めて遺産分割協議をなしうることは、法律上、当然には妨げられるものではない旨を判示しました。

つまり、共同相続人の全員であるAさんとBさんとが、過去にした遺産分割協議を合意によって解除し、その後、改めてAさんとBさんとが、土地をBさんに相続させる旨の遺産分割協議をすれば良いことになります。

登記手続

過去にした遺産分割協議をAさんとBさんが合意解除した場合には、Aさん名義でしてある所有権移転登記(相続登記)を錯誤を原因として、所有権抹消登記します。

これで、土地の名義はお父さんに戻ります。

そして、新たにBさんに土地を相続させる旨の遺産分割協議をして、Bさん名義にする所有権移転登記(相続登記)を申請します。相続登記ですから、農地法の許可は必要ありません。


ご予約・お問い合わせ

司法書士柴崎事務所

埼玉県東松山市元宿二丁目26番地18 2階
電話 0493-31-2010

主な業務
相続登記 預金相続 遺言書作成サポート 相続放棄

相続手続・家族信託の初回面談相談を無料で承っております。
ご相談予約はお電話かフォームよりお願いします。

相続登記のご依頼はスマホ・パソコンを使ってオンライン(ビデオ通話)でご依頼いただけます。

無料相談受付中




主な業務対応地域
埼玉県、東松山市、川越市、坂戸市、鶴ヶ島市、ふじみ野市、富士見市、志木市、朝霞市、和光市、新座市、狭山市、所沢市、飯能市、上尾市、桶川市、北本市、鴻巣市、熊谷市、深谷市、行田市、さいたま市、蕨市、比企郡、鳩山町、嵐山町、滑川町、小川町、川島町、吉見町、ときがわ町、秩父市、東京都、板橋区、練馬区、豊島区、群馬県、栃木県など