養子の子は代襲相続人になる?

養子の子

Aさんが死亡する以前に、Aさんの養子であるBさんが死亡していたとします。

Bさんの子であるCさんは、Bさんに代襲してAさんの相続人となるでしょうか?

民法887条2項には次のように書いてあります。

被相続人の子が、相続の開始以前に死亡したとき、又は第八百九十一条の規定に該当し、若しくは廃除によって、その相続権を失ったときは、その者の子がこれを代襲して相続人となる。ただし、被相続人の直系卑属でない者は、この限りでない。

被相続人の直系卑属でないと代襲相続人にはならないとなっております。

CさんがAさんの直系卑属か否かで代襲相続人になるかどうか変わってきます。

民法727条を見てみましょう。

養子と養親及びその血族との間においては、養子縁組の日から、血族間におけるのと同一の親族関係を生ずる。

これにより、Cさんが生まれたのが、AさんとBさんが養子縁組した後であれば、CさんはAさんの直系卑属となります。

従って、AさんとBさんの養子縁組後にCさんが生まれていれば、Cさんは代襲相続人になります。


逆に、Cさんが生まれたのが、AさんとBさんの養子縁組前であれば、CさんはAさんの直系卑属にはなりませんので、代襲相続人とはなりません。


相続登記のご相談は司法書士柴崎事務所まで

相続登記についての詳細は相続登記のページをご覧ください。

相続登記

相続登記に関するご相談をお待ちしております。

司法書士柴崎事務所
埼玉県東松山市元宿二丁目26番地18 2階
電話 0493-31-2010
コンタクトフォーム
アクセスマップ