信託活用のメリット 後見制度に代わる柔軟な財産管理

後見制度に代わる柔軟な財産管理

kazoku-sintaku-text-21

家族信託のメリットをまとめてみましょう。

まず、一番のメリットは認知症で判断能力が無くなったときに、後見制度ではできないことができるということです。

後見制度は本人のための制度ですから、本人の財産を護ることを目的としています。

そのため、推定相続人のために行う相続税対策もできませんし、積極的な資産活用もできません。

つまり、認知症になって判断能力が無くなったら、成年後見制度を使っても、ご本人の財産のほとんどは凍結状態になってしまうというということです。

基本的には、ご本人の生活などに必要な分だけしか使えなくなってしまいます。


この点、判断能力があるうちに家族信託でご家族に財産を託しておけば、認知症で判断能力が無くなっても、ご家族が相続税対策や資産活用を継続できます。

相続税対策や資産活用を信託の目的としておけば、ご家族がこれらをできるということになります。

ご本人が認知症になった後も、ご家族が受託者として、不動産を買ったり、売ったり、アパートなどを建設することも可能になります。

成年後見制度ではできませんから、家族信託でこれらが可能になるのは画期的なことだと言えます。

15.信託活用のメリット 何代にも渡って承継者を指定できる1


家族信託 解説コラム メニュー


サブコンテンツ

予約・お問い合わせ

埼玉県東松山市元宿二丁目26番地18 2階
司法書士柴崎事務所
電話 0493-31-2010

当サイトへのリンクはご自由にお貼りください。

家族信託無料相談
アクセスマップ

【家族信託 業務対応地域】

東松山市 坂戸市 日高市 鳩山町 川島町 吉見町 嵐山町 小川町 滑川町 ときがわ町
毛呂山町 川越市 志木市 越生町 鶴ヶ島 北本市 鴻巣市 深谷市 志木市 ふじみ野市
富士見市 朝霞市 新座市 所沢市 日高市 飯能市 和光市 桶川市 上尾市 さいたま市
東秩父村 行田市 狭山市 秩父市 羽生市 埼玉全域 東京 千葉県 神奈川 群馬県

栃木   茨城  東京都 練馬区 板橋区 豊島区

このページの先頭へ