登記原因証明情報のひな形 新中間省略登記・第三者のためにする契約

登記原因証明情報のワードひな形

登記原因証明情報 新中間省略登記(ワードひな形)


サンプル文例

登記原因証明情報

1. 登記の目的 所有権移転

2. 登記の原因 平成  年  月  日 売買

3. 当事者

権利者 東松山市元宿一丁目〇番地〇
    (丙) 丙野太郎
義務者 東松山市元宿二丁目〇番地〇
    (甲) 甲山一郎
5(1)の売買契約の買主
    東松山市大字高坂〇番地〇
    (乙) 乙川花子

4. 不動産の表示

所  在  東松山市元宿二丁目
地  番  〇番〇
地  目  宅  地
地  積  180・00㎡

5. 登記の原因となる事実又は法律行為
(1) 甲は、乙との間で、平成  年  月  日、その所有する上記不動産(以下「本件不動産」という。)を売り渡す旨の契約を締結した。

(2) (1)の売買契約には、「乙は、売買代金全額の支払いまでに本件不動産の所有権の移転先となる者を指名するものとし、甲は、本件不動産の所有権を乙の指定する者に対し乙の指定及び売買代金全額の支払いを条件として直接移転することとする。」旨の所有権の移転先及び移転時期に関する特約が付されている。

(3) 所有権の移転先の指定
平成  年  月  日、乙は、本件不動産の所有権の移転先として丙を指定した。

(4) 受益の意思表示
平成  年  月  日、丙は甲に対し、本件不動産の所有権の移転を受ける旨の意思表示をした。

(5) 平成  年  月  日、乙は、甲に対し、(1)の売買代金全額を支払い、甲はこれを受領した。

(6) よって、本件不動産の所有権は、平成  年  月  日、甲から丙に移転した。

平成  年  月  日

さいたま地方法務局東松山支局 御中

上記の登記原因のとおり相違ありません。

権利者 東松山市元宿一丁目〇番地〇
    (丙) 丙野太郎

義務者 東松山市元宿二丁目〇番地〇
    (甲) 甲山一郎

5(1)の売買契約の買主
    東松山市大字高坂〇番地〇
    (乙) 乙川花子

新中間省略登記の登記原因証明情報について

第三者のためにする契約の登記原因証明情報の雛形です。

第三者のためにする契約(新中間省略登記)についての詳細は下記の書籍をご参照ください。




新・中間省略登記が図解でわかる本


登記原因証明情報 書式ひな形一覧


登記原因証明情報の書籍


登記官からみた 登記原因証明情報作成のポイント


サブコンテンツ

予約・お問い合わせ

埼玉県東松山市元宿二丁目26番地18 2階
司法書士柴崎事務所
電話 0493-31-2010
予約・問い合わせフォーム
アクセスマップ
相談の多いサービス 
相続登記 相続放棄 遺言書作成

当サイトへのリンクはご自由にお貼りください。

SNS

予約・お問い合わせ

無料相談受付中
アクセスマップ

業務対応地域
東松山市 坂戸市 日高市 鳩山町 川島町 吉見町 嵐山町 小川町 滑川町 ときがわ町
毛呂山町 越生町 鶴ヶ島 北本市 鴻巣市 深谷市 所沢市 狭山市 熊谷市 さいたま市
富士見市 川越市 秩父市 本庄市 行田市 飯能市 比企郡 埼玉全域

このページの先頭へ