家族信託で何をしたい?

家族信託の導入を検討するうえで重要なのは、何のために家族信託をしたいのかを明確にすることです。

各々のご家族には、準備しておきたいこと、対策を立てておきたいことなどの課題があるかと思います。

これらをはっきりさせた上で、課題が家族信託で解決できるのかを検討します。

例えば、家族信託を検討する動機として次のようなものが考えられます。

  • 親御さんが認知症になっても、親御さんの生活費のためにお子さんが預貯金を管理できるようにしたい。
  • 親御さんの所有する自宅不動産に誰も住まなくなったら、お子さんの判断で売却できるようにしたい。
  • 認知症の配偶者が困らないように、配偶者に相続させる財産の管理をお子さんにやってもらいたい。
  • アパート経営をしている親御さんが認知症になっても、賃貸物件の管理に困らないようにしたい。
  • 親御さんが認知症になっても、お子さんの判断でアパート建設や不動産の売買を続けたい。
  • 財産の承継者を何代にも渡って指定したい。
  • 既に共有となっている不動産の管理処分権限を一人に集約したい。
  • 将来、相続により不動産が共有化されて物件管理に支障が出ないように、管理処分権限を一人に集約したい。

家族信託を導入する動機が明確になったら、それが他の手続で対策・解決できないか検討してみます。

遺言書、生前贈与、成年後見制度、任意後見契約、財産管理委任契約などです。

他の手続でも対策が可能であり、そちらの方が費用が安いなら、家族信託を無理に導入する必要はありません。

ご自身でどの手続が適しているのか判断することは難しいかもしれませんので、家族信託、遺言、相続、成年後見に詳しい専門家に相談して、それぞれの手続・制度のメリット・デメリットなどを聞くと良いでしょう。

次の記事:役割を担う人を考える

家族信託 導入の流れ

導入の流れ 解説PDFファイル

  1. 何のために家族信託をする?
  2. 役割を担う人を考える
  3. 相続発生時の承継者を検討する
  4. 信託する財産を検討する
  5. 受託者の責任と義務を知る
  6. 信託口口座を作成する金融機関を検討する
  7. 用意する書類は何か?
  8. 信託契約公正証書を作成する
  9. 組成後に受託者が行うこと
  10. 相続が起こったら
  11. 信託を終了・変更したいとき
  12. 不動産を売るとき

ご予約・お問い合わせ

司法書士柴崎事務所

埼玉県東松山市元宿二丁目26番地18 2階
電話 0493-31-2010

家族信託の初回面談相談を無料で承っております。
ご相談予約はお電話かフォームよりお願いします。

無料相談受付中




主な業務対応地域
埼玉県、東松山市、川越市、坂戸市、鶴ヶ島市、ふじみ野市、富士見市、志木市、朝霞市、和光市、新座市、狭山市、所沢市、飯能市、上尾市、桶川市、北本市、鴻巣市、熊谷市、深谷市、行田市、さいたま市、蕨市、比企郡、鳩山町、嵐山町、滑川町、小川町、川島町、吉見町、ときがわ町、秩父市、東京都、板橋区、練馬区、豊島区、群馬県、栃木県など