電子書籍「事業承継に民事信託を活用する方法」をリリースしました

当事務所で3冊目の電子書籍をリリースしました。

「事業承継」に民事信託を活用する方法

中小企業の経営者(株主)と後継者を対象に、自社株式の認知症対策について解説しております。

会社の重要な決定は株主総会の決議で決めます。

しかし、株主である会社経営者が認知症で判断能力が無くなると、株主総会ができずに会社経営に支障が出ます。

これを防ぐために後継者に株式を生前贈与しようとしても、株式の評価が高いと多額の贈与税が課税されてしまいます。

そこで、民事信託(家族信託)を活用して、会社経営者のもっている株式を後継者に信託することにより、後継者が議決権行使できるようになります。

なお、信託をしても贈与税は課税されません。

電子書籍では上記の仕組みを分かりやすく解説しております。


電子書籍は、Amazonのサイトからダウンロードできます。

専用端末がなくても、PCやスマホで読むことができます。

Amazonのサイトから無料アプリをダウンロードしてください。


「事業承継に民事信託を活用する方法」はkindle unlimited の対象となっておりますので、同サービスの会員の方は読み放題サービスでダウンロードできます。

kindle unlimited は初回30日無料体験をやっているので、それを利用してもらえば「事業承継に民事信託を活用する方法」も無料で読めます。


サブコンテンツ

予約・お問い合わせ

埼玉県東松山市元宿二丁目26番地18 2階
司法書士柴崎事務所
電話 0493-31-2010

当サイトへのリンクはご自由にお貼りください。

家族信託無料相談
アクセスマップ

【家族信託 業務対応地域】

東松山市 坂戸市 日高市 鳩山町 川島町 吉見町 嵐山町 小川町 滑川町 ときがわ町
毛呂山町 川越市 志木市 越生町 鶴ヶ島 北本市 鴻巣市 深谷市 志木市 ふじみ野市
富士見市 朝霞市 新座市 所沢市 日高市 飯能市 和光市 桶川市 上尾市 さいたま市
東秩父村 行田市 狭山市 秩父市 羽生市 埼玉全域 東京 千葉県 神奈川 群馬県

栃木   茨城  東京都 練馬区 板橋区 豊島区

このページの先頭へ