家族信託の現在の実務状況が分かる雑誌。

第1号につづいて、参考になったのは税理士小嶋公志先生の記事。

税務上の受益者は、信託法上の受益者に加えて、「みなし受益者」も入ってくるとのこと。

今までの研修等で「みなし受益者」についての解説を聞いたことがないので、これを見落とす専門家も多いのではないでしょうか?

詳しくは第2号の57ページをご覧ください。


その他、チームで家族信託に取り組んでいるソレイユ九州さんの記事などもありました。

数十年に渡る信託をフォローするのに個人では限界があるので組織として対応することが必要であると思った次第です。




クリックするとAmazonの商品詳細のページに移ります。


その他の書籍

ご予約・お問い合わせ

司法書士柴崎事務所

埼玉県東松山市元宿二丁目26番地18 2階
電話 0493-31-2010

家族信託の初回面談相談を無料で承っております。
ご相談予約はお電話かフォームよりお願いします。

無料相談受付中