埼玉司法書士会東松山支部で「家族信託」研修会の講師を務めました

2015年11月18日、埼玉司法書士会東松山支部の研修で「家族信託」をテーマにお話をさせて頂きました。

高齢化社会において認知症にかかる方の数が増えています。

認知症になり判断能力がなくなると、定期預金を解約することや、不動産を売ることができなくなります。

そこで、成年後見制度を利用することになるのですが、成年後見制度にはデメリットもあります。

大きなデメリットとしては、成年後見制度はご本人の財産をご本人のために守ることを目的とした制度ですので、相続税対策や積極的な資産運用ができなくなります。

しかし、認知症になる前に家族信託を組んで、財産を信頼できる家族に託しておけば、これらの問題を解消できます。

不動産やお金を、子に信託しておくのです。

信託の目的を「資産の有効活用や円満な承継」としておけば、財産を託された子は、その目的に沿って財産を管理・運用していくことになります。

そして、財産を託した人が認知症になって判断能力がなくなったとしても、財産を託された子は当初の目的に沿って、相続税対策や積極的な資産運用を継続することができるのです。

この点が家族信託の大きなメリットと言えます。

もう一つの家族信託の大きなメリットは、2次相続以降の財産を承継者を指定できるということです。

通常の遺言の制度では、財産を上げる人を指定できるのは一代限りとなります。

「自分が亡くなったら息子に財産を相続させる。息子が亡くなったら○○に財産を相続させる」などの様に、2次相続以降の承継者の指定はできません。

しかし、家族信託であれば受益権を取得する人を順次指定していくという形で、2次相続以降の財産の承継者を指定することが可能となります。

以上2点が家族信託の大きなメリットですので、現時点で認知症になってしまうと相続税対策などの観点から困る人、2次相続以降の財産の承継者を指定したい人は、家族信託を検討した方が良いと思われます。


サブコンテンツ

予約・お問い合わせ

埼玉県東松山市元宿二丁目26番地18 2階
司法書士柴崎事務所
電話 0493-31-2010

当サイトへのリンクはご自由にお貼りください。

家族信託無料相談
アクセスマップ

【家族信託 業務対応地域】

東松山市 坂戸市 日高市 鳩山町 川島町 吉見町 嵐山町 小川町 滑川町 ときがわ町
毛呂山町 川越市 志木市 越生町 鶴ヶ島 北本市 鴻巣市 深谷市 志木市 ふじみ野市
富士見市 朝霞市 新座市 所沢市 日高市 飯能市 和光市 桶川市 上尾市 さいたま市
東秩父村 行田市 狭山市 秩父市 羽生市 埼玉全域 東京 千葉県 神奈川 群馬県

栃木   茨城  東京都 練馬区 板橋区 豊島区

このページの先頭へ