「贈与税」タグの記事一覧

相続時精算課税制度(子への生前贈与)

相続時精算課税制度とは 贈与税の課税制度には、贈与をもらう人ごとに年110万円の基礎控除がある暦年課税と、相続時精算課税の2つがあります。 相続時精算課税制度では、贈与をする人ごとに累積で2500万円までが非課税(ただし・・・

税理士に贈与税の申告を依頼する場合は、税理士報酬について無料相談の段階で税理士に確認します。

贈与登記の実費(登録免許税)

贈与登記を申請するときは、不動産の固定資産税評価額の2%(1000分の20)の収入印紙を納めます。

たとえば

  • 固定資産税評価額が 500万円なら収入印紙は10万円
  • 固定資産税評価額が1000万円なら収入印紙は20万円
  • 固定資産税評価額が1500万円なら収入印紙は30万円
となります。

また、登記事項証明書(登記簿謄本)の取得などに実費がかかります。

項目実費
登録免許税
(登記するときに収入印紙を納めます)
不動産の評価額の1000分の20
(2%)
事前の登記簿確認不動産の数1個につき337円
登記簿の登記事項証明書(登記簿謄本)取得不動産の数1個につき500円

お問い合せはこちら200-60

不動産取得税について

土地と住宅用の家屋の不動産取得税は、固定資産評価額の3%です。
(土地については、平成17年4月1日から平成27年3月31日までは2分の1の価格です)

詳しくは、埼玉県の不動産取得税のページを参照ください。

なお、住宅又は住宅用土地を取得したときの不動産取得税の軽減制度がありますので、住宅または住宅用土地の場合には不動産取得税はかからなかったり、少額であることが多いと思われます。

詳しくは、埼玉県の住宅又は住宅用土地を取得したときの不動産取得税の軽減制度についてのページを参照ください。

相続時精算課税制度のデメリット

一度、相続時精算課税制度を選択してしまうと、それ以降、同じ贈与者から受ける贈与については、暦年課税制度(年110万円の基礎控除)が使えなくなります

また、不動産登記をするときの収入印紙の額(登録免許税)が贈与登記の場合は、評価額の1000分の20(2%)ですが、相続登記の場合は1000分の4(0.4%)と安くなります。

また、不動産取得税についても、相続で取得した場合はかかりません。

これらのことも考慮して、相続時精算課税制度を使うかどうか検討する必要があります。

-->

夫婦間の居住用不動産の贈与登記 配偶者控除(配偶者への生前贈与)

贈与税の配偶者控除の特例 婚姻期間が20年以上の夫婦間で、自宅などの居住用の不動産(または居住用の不動産を取得するための金銭)の贈与が行われた場合、基礎控除110万円のほかに最高2000万円まで控除できるという特例です。・・・

4.5万円の贈与登記(生前贈与)

4.5万円のマイホーム贈与登記! 贈与による不動産の名義変更をお考えの皆様、東松山市の司法書士柴崎事務所にご相談ください。 当事務所の特徴は マイホーム贈与登記 報酬4万5000円(+税)で定額化! 相談は無料! 土日・・・・

サブコンテンツ

予約・お問い合わせ

埼玉県東松山市元宿二丁目26番地18 2階
司法書士柴崎事務所
電話 0493-31-2010
相談の多いサービス 
相続登記 相続放棄 遺言書作成

当サイトへのリンクはご自由にお貼りください。

無料相談受付中
アクセスマップ

業務対応地域
東松山市 坂戸市 日高市 鳩山町 川島町 吉見町 嵐山町 小川町 滑川町 ときがわ町
毛呂山町 越生町 鶴ヶ島 北本市 鴻巣市 深谷市 所沢市 狭山市 熊谷市 さいたま市
富士見市 川越市 秩父市 本庄市 行田市 飯能市 比企郡 埼玉全域

このページの先頭へ