遺産分割協議書に添付する印鑑証明書に期限はあるか?

遺産分割協議書の印鑑証明書は期限なし

カレンダー

相続登記に使う遺産分割協議書には、相続人の印鑑証明書を添付します。

この印鑑証明書ですが、相続登記に使用する場合は期限がありません。

売買の登記で売主さんが添付する印鑑証明書や、贈与の登記で贈与する人が添付する印鑑証明書は3ヶ月以内という期限があります。

しかし、相続登記の場合は期限がありませんので、印鑑証明書をもらってから3ヶ月以上経ってしまっていても、相続登記はできます。


相続登記の印鑑証明書は原本還付できる

相続登記の遺産分割協議書に添付した印鑑証明書は、登記完了後に返してもらうこともできます。

これを原本還付と言います。

相続登記を申請する際に、印鑑証明書のコピーと原本を付けて出すと、登記完了後に原本を返してくれるのです。

ちなみに相続登記に使った戸籍謄本類も返してくれますので、相続登記が終わった後に、戸籍や遺産分割協議書一式を銀行預金などの相続手続に流用することができます。


金融機関は印鑑証明書に独自の期限を設けていることがある

銀行
相続登記の遺産分割協議書に添付する印鑑証明書に期限がないことを述べましたが、銀行預金の相続手続をする場合、金融機関ごとに独自の期限を設けていることが多いです。

3ヶ月や6ヶ月という期限の場合が多い印象があります。

したがって、銀行預金の相続手続などをする場合は、印鑑証明書の期限に注意する必要があります。



サブコンテンツ

予約・お問い合わせ

埼玉県東松山市元宿二丁目26番地18 2階
司法書士柴崎事務所
電話 0493-31-2010
予約・問い合わせフォーム
アクセスマップ
相談の多いサービス 
相続登記 相続放棄 遺言書作成

当サイトへのリンクはご自由にお貼りください。

SNS

予約・お問い合わせ

無料相談受付中
アクセスマップ

業務対応地域
東松山市 坂戸市 日高市 鳩山町 川島町 吉見町 嵐山町 小川町 滑川町 ときがわ町
毛呂山町 越生町 鶴ヶ島 北本市 鴻巣市 深谷市 所沢市 狭山市 熊谷市 さいたま市
富士見市 川越市 秩父市 本庄市 行田市 飯能市 比企郡 埼玉全域

このページの先頭へ