相続登記に権利証(登記済証)は使わない

相続登記に権利証は必要か?

不動産を売ったり、贈与したり、担保に入れたりするのに権利証(登記済証)が使われます。

それでは、相続登記のときに権利証(登記済証)は必要でしょうか?

実は、相続登記をするのに権利証(登記済証)は添付書類ではありません


ただ、権利証(登記済証)には、不動産の表示が載っているので、亡くなった方の不動産の所在や地番、家屋番号を把握するのに役立ちます。

そのため、ご相談の際に、権利証(登記済証)をお持ちの場合はご持参頂くと助かります。

しかし、権利証(登記済証)がなくても、不動産の所在や地番、家屋番号をご存じなら大丈夫ですし、分からなくても名寄帳を取れば亡くなった人の所有不動産が載っています。

したがって、権利証(登記済証)がなくても問題はありません。


住所が繋がらないときの参考資料

不動産の登記簿上の所有者の住所と、亡くなった人の住民票の住所とが繋がらないときに、権利証(登記済証)があると良いです。

住民票の住所を何回か移していると、昔の住民票は5年で破棄されて取得できない役所が多いです。

住民票を取って「前住所」の欄を見ると前の住所地が分かるのですが、前の住所地で住民票の除票が5年経ち破棄されていると、その前の住所との繋がりが分からなくなってしまいます。

戸籍の附票を取って住所の経緯を調べるという手もありますが、戸籍の附票も除かれてから5年で破棄されることになっています。

これらの方法で住所の繋がりを証明できないときに、不動産の登記簿上の所有者と、亡くなった人が同一人物であることを証明する資料として、権利証(登記済証)のコピーを登記申請書の添付書類として提出することがあります。

ただ、権利証(登記済証)がなくても、その他の方法により相続登記はできますので、住所が繋がらないときに必ず必要という訳ではありません。


したがって、相続登記をご依頼するにあたり、権利証(登記済証)がなくても問題ありません。


サブコンテンツ

予約・お問い合わせ

埼玉県東松山市元宿二丁目26番地18 2階
司法書士柴崎事務所
電話 0493-31-2010
予約・問い合わせフォーム
アクセスマップ
相談の多いサービス 
相続登記 相続放棄 遺言書作成

当サイトへのリンクはご自由にお貼りください。

SNS

予約・お問い合わせ

無料相談受付中
アクセスマップ

業務対応地域
東松山市 坂戸市 日高市 鳩山町 川島町 吉見町 嵐山町 小川町 滑川町 ときがわ町
毛呂山町 越生町 鶴ヶ島 北本市 鴻巣市 深谷市 所沢市 狭山市 熊谷市 さいたま市
富士見市 川越市 秩父市 本庄市 行田市 飯能市 比企郡 埼玉全域

このページの先頭へ