法定相続人と法定相続分

法定相続人は誰か?

相続が開始したとき、亡くなった方(被相続人)の法定相続人は、次のとおりです。

配偶者

被相続人の配偶者(夫または妻)は常に相続人となります。

(内縁関係の人は相続人とはなりません)

配偶者以外の人は、次の順位で配偶者と一緒に相続人となります。

第1順位:子(およびその直系卑属)

被相続人の子どもは最優先で相続人となります。

子どもが既に亡くなっている場合は、その子ども(被相続人の孫)が代わって相続人となります(代襲相続といいます)。

孫も既に亡くなっている場合は、その子ども(被相続人のひ孫)が代わって相続人となります(再代襲相続といいます)。

第2順位:直系尊属

第1順位の相続人がいない場合は、直系尊属(父母、祖父母など)が相続人となります。

父母と祖父母がいる場合は、親等の近い者が先となりますので、父母が相続人です。

第3順位:兄弟姉妹(およびその子)

第1順位と第2順位の相続人がいない場合は、兄弟姉妹が相続人となります。

兄弟姉妹のうち既に亡くなっている人がいる場合は、その子(被相続人の甥・姪)が相続人となります(代襲相続といいます)。

なお、兄弟姉妹の場合は代襲相続は甥・姪までで、再代襲はしません。

法定相続分

法定相続分は、民法で定められた相続の割合です。

遺言書で指定相続分が定められていれば、そちらが優先します。

相続人の組み合わせ法定相続分
配偶者のみ配偶者全部
配偶者と子配偶者2分の1
2分の1子が複数いるときは2分の1を頭数で割る
配偶者と直系尊属配偶者3分の2
直系尊属3分の1直系尊属が複数いるときは3分の1を頭数で割る
配偶者と兄弟姉妹配偶者4分の3
兄弟姉妹4分の1兄弟姉妹が複数いるときは4分の1を頭数で割る
1.子のみ
2.直系尊属のみ
3.兄弟姉妹のみ
血族相続人全部同順位の者が複数いるときは頭数で割る

なお、法定相続分の通りに分けなければいけないわけではなく、遺産分割協議で相続人同士で合意できれば、法定相続分と異なる割合で分けることができます。


サブコンテンツ

予約・お問い合わせ

埼玉県東松山市元宿二丁目26番地18 2階
司法書士柴崎事務所
電話 0493-31-2010
予約・問い合わせフォーム
アクセスマップ
相談の多いサービス 
相続登記 相続放棄 遺言書作成

当サイトへのリンクはご自由にお貼りください。

SNS

予約・お問い合わせ

無料相談受付中
アクセスマップ

業務対応地域
東松山市 坂戸市 日高市 鳩山町 川島町 吉見町 嵐山町 小川町 滑川町 ときがわ町
毛呂山町 越生町 鶴ヶ島 北本市 鴻巣市 深谷市 所沢市 狭山市 熊谷市 さいたま市
富士見市 川越市 秩父市 本庄市 行田市 飯能市 比企郡 埼玉全域

このページの先頭へ