3ヵ月以上経過してしまった相続放棄は受理されるか?

相続開始後3ヵ月を経過してから借金の請求がきた

相続の放棄は、相続の開始を知ったときから3ヶ月以内に家庭裁判所に相続放棄の申述をしなければなりません。

それでは、亡くなった人(被相続人)に全く相続財産がないと思って相続放棄をしなかったが、3ヶ月以上経過してから借金の請求が来た場合は相続放棄ができないのでしょうか?


相続財産がないと信じたことに相当の理由があるか?

最高裁判所の判例では、「熟慮期間は、原則として、相続人が相続開始の原因たる事実及びこれにより自己が相続人となった事実を知った時から起算すべきものであるが、相続人において、被相続人に相続財産が全く存在しないと信ずるについて相当の理由があったと認められるときは、相続人が相続財産の全部若しくは一部の存在を認識した時又は通常これを認識しうべき時から起算すべきである。」と言っています。

被相続人が、積極財産または消極財産(借金など)を残していないと信じたことに相当の理由があれば、被相続人が死亡したことを知ってから3ヶ月以上経っても相続放棄が認められる可能性があります。

例えば、亡くなった人(被相続人)の生活の状況や、相続人との交際状態などから、相続人が全く財産も借金もあると思わなかったところ、債権者から借金の請求書がいきなり来たような場合は、相当の理由があると言えるのではないでしょうか。

この様な「相当の理由」を個々の事案に応じて上申書という形で書面にして裁判所に提出します。

そして、裁判所に、相続財産が全くないと信じたことについて「相当の理由」があることを理解してもらうようにします。


家庭裁判所としては、相続放棄が無効であるということが明らかである場合以外は、相続放棄の申述を受理する傾向にあるようです。


ただし、上記の場合でも、借金の請求書が届いてから3ヶ月を経過してしまっては、借金を相続したことを知ってから3ヵ月経ってしまっているので相続放棄はできないでしょう。

亡くなった人の借金の請求が来たら、すぐに専門家に相談されることをお勧めします。


3ヵ月以上経過した相続放棄の報酬も同額

当事務所では、被相続人が亡くなってから3ヶ月を経過した相続放棄についても3ヶ月以内の相続放棄の報酬と同額で承っております。

詳しくは、相続放棄のページをご覧ください。

相続放棄


相続放棄の関連記事



サブコンテンツ

予約・お問い合わせ

埼玉県東松山市元宿二丁目26番地18 2階
司法書士柴崎事務所
電話 0493-31-2010
予約・問い合わせフォーム
アクセスマップ
相談の多いサービス 
相続登記 相続放棄 遺言書作成

当サイトへのリンクはご自由にお貼りください。

SNS

予約・お問い合わせ

無料相談受付中
アクセスマップ

業務対応地域
東松山市 坂戸市 日高市 鳩山町 川島町 吉見町 嵐山町 小川町 滑川町 ときがわ町
毛呂山町 越生町 鶴ヶ島 北本市 鴻巣市 深谷市 所沢市 狭山市 熊谷市 さいたま市
富士見市 川越市 秩父市 本庄市 行田市 飯能市 比企郡 埼玉全域

このページの先頭へ