相続放棄をしたら被相続人の固定資産税は払わなくて良いか?

相続の放棄をした者は、その相続に関しては、初めから相続人とならなかったものとみなされます。

それでは、亡くなった人(被相続人)の固定資産税の支払義務は、相続放棄すれば無くなるでしょうか?

固定資産税の課税対象者は、地方税法に定められています。

地方税法 
第343条  固定資産税は、固定資産の所有者(略)に課する。
2  前項の所有者とは、土地又は家屋については、登記簿又は土地補充課税台帳若しくは家屋補充課税台帳に所有者(略)として登記又は登録されている者をいう。この場合において、所有者として登記又は登録されている個人が賦課期日前に死亡しているとき、若しくは所有者として登記又は登録されている法人が同日前に消滅しているとき、又は所有者として登記されている第三百四十八条第一項の者が同日前に所有者でなくなつているときは、同日において当該土地又は家屋を現に所有している者をいうものとする。

固定資産税を課せられる所有者は、登記簿又は土地補充課税台帳若しくは家屋補充課税台帳に所有者として登記・登録されている者となっています。

つまり、相続放棄していても、登記簿や固定資産税台帳に登記・登録されていると、固定資産税が課税されてしまうことになります。


横浜地裁平成12年2月21日判決では、被相続人の不動産を債権者が仮押さえするために、相続人名義で相続登記をしたため、その後、相続人が相続放棄をしても固定資産税が課税されてしまいました。

固定資産税の賦課期日(1月1日)時点において、不動産の登記が相続人名義であったためです。


以上から、原則として相続放棄すれば被相続人の債務を支払う義務は無くなりますが、固定資産税については地方税法第343条2項に該当してしまうと支払義務が生じてしまうと言うことになります。


面倒な手続は司法書士へ

相続放棄は相続の開始があったことを知ってから3ヵ月以内にする必要があります。

万が一、間に合わないと借金を相続してしまうことになります。

司法書士は、面倒な戸籍の収集なども代行することができますので、心配な方はぜひご相談ください。

費用などの詳細は相続放棄の申立のページをご覧ください。

souzoku-houki-banner-20150714

司法書士柴崎事務所
埼玉県東松山市元宿二丁目26番地18 2階
電話 0493-31-2010 
コンタクトフォーム
アクセスマップ



相続放棄 関連ページ


サブコンテンツ

予約・お問い合わせ

埼玉県東松山市元宿二丁目26番地18 2階
司法書士柴崎事務所
電話 0493-31-2010
予約・問い合わせフォーム
アクセスマップ
相談の多いサービス 
相続登記 相続放棄 遺言書作成

当サイトへのリンクはご自由にお貼りください。

SNS

予約・お問い合わせ

無料相談受付中
アクセスマップ

業務対応地域
東松山市 坂戸市 日高市 鳩山町 川島町 吉見町 嵐山町 小川町 滑川町 ときがわ町
毛呂山町 越生町 鶴ヶ島 北本市 鴻巣市 深谷市 所沢市 狭山市 熊谷市 さいたま市
富士見市 川越市 秩父市 本庄市 行田市 飯能市 比企郡 埼玉全域

このページの先頭へ