家族信託・民事信託のデメリットは?

質問

家族信託のデメリットは何でしょうか?


回答

相続・認知症対策として活用できる家族信託ですが、デメリットについても検討してみたいと思います。


対応できる専門家が少ない

まず、家族信託をやりたいと思っても、相談できる専門家が少ないという問題があります。

一部の士業が家族信託を扱っていますが、その数は少ないのが現状です。

家族信託は組成したら終わりではなく、組成後、何年にも渡って信託が継続していくことになります。

将来の事情の変化も想定したうえで、それらに対応できるように信託を組む必要があります。

想定外のことがおきて多額の贈与税がかかってしまったり、信託の継続が不可能になってしまっては困ります。

書籍を数冊程度読んだだけでは、士業であってもこれらのリスクに十分配慮した組成ができないと思われます。

費用をかけて研修や書籍などから積極的に情報を集め、常に最新の家族信託事情を把握していないと、怖くて家族信託の業務はできません。

このハードルが高いために、家族信託を扱う専門家が少ないのだと思われます。


初期費用がかかる

家族信託を組むには初めの段階で費用がかかります。

安くても数十万円はかかるでしょう(報酬の目安はこちら)。


ただ、家族信託以外の選択肢を考えると、それらの方が結果的に高いことが多いです。

例えば、生前贈与ですが、まず高額の贈与税がかかります。

贈与税の税率は10~55%です。

また、不動産を贈与した場合は、固定資産評価額の2%の登録免許税がかかります。

これに対して、家族信託の場合は、固定資産評価額の0.3~0.4%の登録免許税で済みます。

5000万円の評価額だった場合、贈与では100万円の登録免許税がかかりますが、家族信託なら30~40万円となります。

その他、不動産を贈与すると固定資産評価額の3~4%の不動産取得税がかかりますが、家族信託ならかかりません。

つまり、実費部分を踏まえて考えると、生前贈与より家族信託の方が安いケースが多いのです。


次に、成年後見制度と比べてみましょう。

成年後見制度で専門職後見人がつくと、基本的にご本人が亡くなるまで後見人報酬が発生します。

月3万円だとしても、1年で36万円、10年で360万円の計算となります。

また、成年後見制度では空き家となった自宅不動産を売れない可能性もありますから、この維持費(固定資産税・草刈代・修繕費)なども考慮に入れた方が良いでしょう。

これらのコストと家族信託の費用を比較した上で検討してもらえればと思います。


家族信託に対応している金融機関が少ない

家族信託を組んだら、受託者が信託口口座を開設して、その口座で信託されたお金を管理するという説明を聞いたことがあるでしょうか。

信託口口座を開設できれば、万が一、受託者が先に亡くなったとして、受託者個人の相続手続をせずに、信託契約に基づいて信託口口座を後継の受託者に変更できるでしょう(名義だけ信託口口座のようにつけて、実質は受託者の個人口座である金融機関もありますから注意しましょう)。

これが受託者の個人口座だと、受託者の相続人全員の実印と印鑑証明書がないとお金を下せなくなってしまいます。

また、受託者個人の債務に関する差押も、受託者の個人口座だとされてしまうかもしれません。

上記の問題を解決するために、信託口口座を開設したいところですが、現時点で信託口口座を開設できる金融機関は非常に少ないです。

止むを得ず受託者の個人口座を使うというケースもあります。


ローンが残っていて、不動産に抵当権などがついている場合も注意しましょう。

多くのローン契約書には、不動産の名義を変更する場合は金融機関の同意が必要である旨の特約が載っています。

無断で信託を組んで、受託者に名義を移すと問題になるかもしれません。

そこで、金融機関の同意を求めるのですが、信託に理解を示さない金融機関も多いのが現状です。

同意がもらえない場合は、信託に理解のある金融機関に借り換えをすることも検討しなければなりません。


なお、信託を組んだ後に、受託者が借入をした場合、その債務が受益者の相続時の相続税の申告で債務控除できるか否かは、税理士によって見解が異なります。

その様なスキームを検討している場合は、税理士に相談する必要があるでしょう。


受託者に適した人がいないとできない

財産の管理処分を引き受ける受託者に適した人がいないと家族信託はできません。

営業として受託者になる場合は、信託業法の免許や届出が必要になります。

営業とは、不特定多数を相手に反復継続して信託の引き受けを行い報酬を得ようとする場合です。

司法書士や税理士などの士業が受託者になってしまうと、業として行うことになりますから信託業法に引っかかってしまいます。

必ずしも委託者の家族である必要はありませんが、営業としてではなく、受託者になってくれる人がいないと家族信託はできません。


なお、受託者になると様々な責任や義務が発生します。

まず、受託者は信託事務について記録や帳簿をつけなくてはなりません。

ご自宅の信託でしたら、通帳と現金出納帳をつけて、定期的に財産目録を作成するぐらいで良いかもしれませんが、収益物件などを信託した場合は総勘定元帳をつけて、定期的に貸借対照表・損益計算書などを作るぐらいの帳簿が要求されるでしょう。


また、受託者は信託のための取引について無限責任を負います。

例えば、受託者が業者にリフォームを頼んだとします。信託財産で払えれば問題ありませんが、払えない場合は業者は受託者個人にも請求ができます。


その他、受託者が任務を怠ることにより信託財産に損失が生じた場合、受益者に対して損失てん補または原状回復の責任を負います。


受託者は信託財産の所有者ですので、所有者責任を問われることもあります。

例えば、信託財産である建物の瓦がおちて誰かが怪我をしたとします。

損害賠償請求を受けたとして、信託財産で払えなければ、受託者個人にも請求が来ます。

また、不動産を売ったときなどの瑕疵担保責任も、信託財産で払えなければ、受託者が払わなくてはなりません。


この様に受託者には責任と義務がありますので、そうそう誰にでも頼める性質のものではないと思います。

親子であったり、将来財産を承継する予定であるなどの強い絆がないと、なかなか受託者は引き受けられないのではないでしょうか。



【無料】電子書籍(kindle本)

一般の方を対象に分かりやすく家族信託を解説した電子書籍(kindle本)です。



セミナー情報 お知らせメールの登録

司法書士柴崎事務所のセミナー等のご案内をメールでお知らせします 。

メールアドレスをご入力の上、ボタンをクリックしてください。




サブコンテンツ

予約・お問い合わせ

埼玉県東松山市元宿二丁目26番地18 2階
司法書士柴崎事務所
電話 0493-31-2010

当サイトへのリンクはご自由にお貼りください。

家族信託無料相談
アクセスマップ

【家族信託 業務対応地域】

東松山市 坂戸市 日高市 鳩山町 川島町 吉見町 嵐山町 小川町 滑川町 ときがわ町
毛呂山町 川越市 志木市 越生町 鶴ヶ島 北本市 鴻巣市 深谷市 志木市 ふじみ野市
富士見市 朝霞市 新座市 所沢市 日高市 飯能市 和光市 桶川市 上尾市 さいたま市
東秩父村 行田市 狭山市 秩父市 羽生市 埼玉全域 東京 千葉県 神奈川 群馬県

栃木   茨城  東京都 練馬区 板橋区 豊島区

このページの先頭へ