受益者連続信託を行った場合、遺留分はどうなりますか?

質問

受益者連続信託を行った場合、遺留分はどうなりますか?


回答

受益者連続信託を使った場合に、遺留分請求を免れるかは判例がありません。

特に、当初受益者の相続の際は、遺留分は発生するものとして対策を考えておいた方が良いのではないでしょうか。


以下に少し説明していきます。


受益者連続信託は、信託法第91条を根拠に行うことができます。

(受益者の死亡により他の者が新たに受益権を取得する旨の定めのある信託の特例)
第九十一条  受益者の死亡により、当該受益者の有する受益権が消滅し、他の者が新たな受益権を取得する旨の定め(受益者の死亡により順次他の者が受益権を取得する旨の定めを含む。)のある信託は、当該信託がされた時から三十年を経過した時以後に現に存する受益者が当該定めにより受益権を取得した場合であって当該受益者が死亡するまで又は当該受益権が消滅するまでの間、その効力を有する。

そして、信託法第91条では、受益者の死亡により受益権が消滅して、他の者が新たな受益権を取得するとなっています。

受益権は相続により移動するのではなく、一度消滅して新たに受益権が発生するので、遺留分減殺請求の対象とならないという説もあります。

元々の受益者がもっていた受益権は死亡と同時に消滅しており、新たな受益者固有の財産として受益権を取得するという考え方です。

生命保険金の場合、生命保険金の請求権が被相続人から承継されるのではなく、生命保険受取人の固有の権利として取得するから相続財産にあたらないとされています。

最高裁平成16年10月29日決定 要旨
被相続人を保険契約者及び被保険者とし,共同相続人の1人又は一部の者を保険金受取人とする養老保険契約に基づき保険金受取人とされた相続人が取得する死亡保険金請求権は,民法903条1項に規定する遺贈又は贈与に係る財産には当たらないが,保険金の額,この額の遺産の総額に対する比率,保険金受取人である相続人及び他の共同相続人と被相続人との関係,各相続人の生活実態等の諸般の事情を総合考慮して,保険金受取人である相続人とその他の共同相続人との間に生ずる不公平が民法903条の趣旨に照らし到底是認することができないほどに著しいものであると評価すべき特段の事情が存する場合には,同条の類推適用により,特別受益に準じて持戻しの対象となる。

生命保険と同じ考え方をとれば、受益権は新たな固有の権利として取得しているから、被相続人の相続財産ではないとも考えられます。

また、相続税法も消滅発生型の受益者連続信託の際に、相続税が取れなくなっては困るので相続税法9条の2第2項でみなし相続税扱いにしています。

(贈与又は遺贈により取得したものとみなす信託に関する権利)
第九条の二  
2  受益者等の存する信託について、適正な対価を負担せずに新たに当該信託の受益者等が存するに至つた場合(第四項の規定の適用がある場合を除く。)には、当該受益者等が存するに至つた時において、当該信託の受益者等となる者は、当該信託に関する権利を当該信託の受益者等であつた者から贈与(当該受益者等であつた者の死亡に基因して受益者等が存するに至つた場合には、遺贈)により取得したものとみなす


ただ、法制審議会信託法部会では、信託法の立法過程において、「遺留分制度を潜脱できないことは当然であること」を前提としたうえで、受益者連続信託は有効であると審議していた様です(逐条解説 新しい信託法 補訂版 259頁)。


逐条解説 新しい信託法

なお、逐条解説 新しい信託法 補訂版260頁には、「後継ぎ遺贈型の受益者連続の信託において、第2次以降の受益者は、先順位の受益者からその受益権を承継取得するのではなく、委託者から直接に受益権を取得するものと法律構成されることになる」と記載されています。

そうすると、例えば、上記の第3受益者は第2受益者から受益権を承継取得しているのではなく、委託者から第2受益者が死亡してから第3受益者が死亡するまでの期間の受益権を取得しているということになります。

第4受益者も、第3受益者から受益権を承継取得しているのではなく、委託者から第3受益者が死亡してから第4受益者が死亡するまでの期間の受益権を取得しているということになります。

委託者から取得しているという考え方からすれば、遺留分減殺請求ができるのは受益者連続信託で初めの受益者兼委託者が死亡したときだけで、後継の受益者が死亡したときは遺留分減殺請求ができないとも考えられます。

いずれにせよ現時点では判例がありませんので、確定的なことは分かりません。

詳しくは拙著「Q&A 「家族信託」の活用」もご参照ください。


家族信託 よくある質問

  1. 家族信託とは何か?
  2. 家族信託のメリットは何ですか?
  3. 成年後見制度では相続税対策ができないのですか?
  4. 家族信託と成年後見制度の違いは何ですか?
  5. 家族信託の費用はいくらぐらいかかりますか?
  6. 信託銀行の遺言信託をしてますが家族信託はできますか?
  7. 家族信託の受託者の責任や義務を教えてください
  8. 受益者連続信託を行う期間に制限はありますか?
  9. 信託契約を変更することはできますか?
  10. 受託者が亡くなった場合はどうなりますか?
  11. 受益者と受託者が同じ人になってしまった場合はどうなりますか?
  12. 受益者連続信託を行った場合、遺留分はどうなりますか?
  13. 遺言代用信託で承継者を変更できないようにすることはできますか?
  14. 信託する際の登記の登録免許税はいくらかかりますか?
  15. 受益者代理人とはなんですか?
  16. 遺言書(遺言信託)と家族信託の違いは何ですか?
  17. 家族信託を組むと不動産取得税はかかりますか?
  18. 家族信託・民事信託のデメリットは?
  19. 親の預金を認知症で凍結させない予防法
  20. 認知症で判断能力がないから成年後見人が必要であると誰が判断するのか?
  21. 土地1500万円、建物500万円、現金1500万円のときの家族信託の費用目安
  22. 土地1000万円、建物500万円、現金1000万円のときの家族信託の費用目安
  23. 土地2000万円、建物500万円、現金2500万円のときの家族信託の費用目安
  24. 家族信託と財産管理委任契約(任意代理契約)はどう違う?
  25. 家族信託の受託者になれる人の範囲は?
  26. 家族信託の契約書は公正証書で作る?私文書でも大丈夫?
  27. 空き家対策に家族信託を活用する方法はありますか?
  28. 損益通算の禁止規定とは何ですか?
  29. 家族信託と遺言書はどちらが優先しますか?
  30. 年金受給権を家族信託できますか?
  31. 受託者の使い込みが心配です。どうすれば良いでしょうか?
  32. 信託口口座についてペイオフ対策は必要ですか?
  33. 家族信託の手続きは自分でできますか?
  34. 家族信託した不動産を売却するときはどんな登記をしますか?
  35. 信託終了後、受託者でもある帰属権利者に所有権移転登記する際の登録免許税は?
  36. 家族信託の必要書類は?
  37. 家族信託で親の生活費に困らないようにするには
  38. アパートオーナー(賃貸経営者)の認知症対策に家族信託を活用するには
  39. 家族信託で認知症の配偶者に財産を相続させるには
  40. 家族信託をすると税金はどうなる?
  41. 家族信託が必要ないケースは?

セミナー情報 お知らせメールの登録

司法書士柴崎事務所のセミナー等のご案内をメールでお知らせします 。

メールアドレスをご入力の上、ボタンをクリックしてください。




サブコンテンツ

予約・お問い合わせ

埼玉県東松山市元宿二丁目26番地18 2階
司法書士柴崎事務所
電話 0493-31-2010

当サイトへのリンクはご自由にお貼りください。

家族信託無料相談
アクセスマップ

【家族信託 業務対応地域】

東松山市 坂戸市 日高市 鳩山町 川島町 吉見町 嵐山町 小川町 滑川町 ときがわ町
毛呂山町 川越市 志木市 越生町 鶴ヶ島 北本市 鴻巣市 深谷市 志木市 ふじみ野市
富士見市 朝霞市 新座市 所沢市 日高市 飯能市 和光市 桶川市 上尾市 さいたま市
東秩父村 行田市 狭山市 秩父市 羽生市 埼玉全域 東京 千葉県 神奈川 群馬県

栃木   茨城  東京都 練馬区 板橋区 豊島区

このページの先頭へ