「コラム」の記事一覧

家族信託の手続き方法・流れは?

家族信託図

家族信託とは? 家族信託とは老後や相続に備えて、ご家族に財産を託して管理をしてもらう手続です。 例えば、不動産やお金を持っている親御さんが、これらの財産をお子さんに託して、お子さんに管理してもらいます。 お子さんは親御さ・・・

ひな形を基に家族信託(民事信託)契約書の書き方を動画レクチャー

動画セミナー リリース 家族信託(民事信託)の契約書の書き方を、ひな形を見ながら解説するWebセミナーをリリースしました。 今回は、賃貸物件、自宅不動産などをお持ちの親御さんの認知症対策をするための家族信託を想定して、契・・・

清算受託者の最終の計算と承認は免除できない

家族信託の契約書例を見ていると次の様な条項が記載してある場合があります。 信託法第184条に定める清算受託者の最終の計算及びその承認の手続につき、残余財産の帰属権利者の同意がある時は、これを免除することができる。 しかし・・・

電子書籍「家族信託・活用ガイド」を出版しました

家族信託 活用ガイド

司法書士柴崎が電子書籍(kindle本)を出版しました。 現在、amazonにて無料でダウンロードできます(無料販売はamazonの意向で中止になる場合がありますので、お早目にダウンロードしてください)。 なお、kind・・・

家族信託・民事信託はどこに相談すれば良いのか?

家族信託の説明

最近、メディアでも取り上げられて注目を浴びつつある家族信託・民事信託ですが、いざ相談したいと思ったとき、どこに相談すれば良いのでしょうか? 信託銀行が扱っているのは商事信託といって信託銀行が受託者(財産を託される人)にな・・・

まとめ

家族信託はいつやればよい? 家族信託はいつやれば良いのかについて話します。 家族信託は、財産を持っている方(委託者)と、財産を託される方(委託者)とで契約を結びますから、その契約を理解できないといけない訳です。 財産を持・・・

活用事例 会社経営者(株主)の認知症・相続対策

事例 自社株式を100%持っている会社経営者の事例を考えてみましょう。 この経営者が自社株式を200株持っていたとします。 そして、経営者の相続人が長男と二男の二人だったとします。 経営者が亡くなって相続が発生したとき、・・・

活用事例 障がいを持つ一人っ子に資産を残す

事例 障がいを持つ一人っ子を持つ夫婦の事例を考えてみましょう。 お父さんが財産を持っていまして、妻と子がいます。 子は一人っ子であり、障がいがあって結婚もしてませんし、子どももいません。 お父さんが亡くなると、その相続人・・・

活用事例 共有不動産のトラブル回避

事例 高齢の兄弟姉妹で賃貸物件を共有で持っている事例を考えてみましょう。 相続で賃貸物件を兄弟姉妹で4分の1ずつの共有で所有している状況です。 まず、覚えておいてほしいのは、不動産を共有で持っていることは非常に危険です。・・・

活用事例 親の使わなくなった一軒家を売却したい

事例 家族信託は資産家だけのものではありません。 ごく普通の一般家庭でも活用できるのです。 自宅不動産に80代の母親が一人暮らしをしており、長男がいるが別のところに住んでいたとします。 母親は、そろそろ施設に移ろうかと思・・・

サブコンテンツ

予約・お問い合わせ

埼玉県東松山市元宿二丁目26番地18 2階
司法書士柴崎事務所
電話 0493-31-2010

当サイトへのリンクはご自由にお貼りください。

家族信託無料相談
アクセスマップ

【家族信託 業務対応地域】

東松山市 坂戸市 日高市 鳩山町 川島町 吉見町 嵐山町 小川町 滑川町 ときがわ町
毛呂山町 川越市 志木市 越生町 鶴ヶ島 北本市 鴻巣市 深谷市 志木市 ふじみ野市
富士見市 朝霞市 新座市 所沢市 日高市 飯能市 和光市 桶川市 上尾市 さいたま市
東秩父村 行田市 狭山市 秩父市 羽生市 埼玉全域 東京 千葉県 神奈川 群馬県

栃木   茨城  東京都 練馬区 板橋区 豊島区

このページの先頭へ