判断能力低下後の不動産の売却

2016kouken-seminar-12

認知症などで判断能力が低下すると、不動産を売ることもできなくなります。

例えば、親御さんが「認知症になったら自宅不動産を売って、そのお金で施設に入れてほしい」と言っていたとします。

そして、親御さんが認知症になったときに、お子さんが親御さん名義の不動産を売ろうとしても売れません。

不動産屋や司法書士は、「ご本人の意思確認ができないと不動産は売れません」と言うでしょう。

判断能力が不十分ですと、成年後見人をたてて成年後見人が不動産を売ることになります。

08.遺産分割協議をしたいとき

成年後見 解説コラム メニュー

予約・お問い合わせ

埼玉県東松山市元宿二丁目26番地18 2階
司法書士柴崎事務所
電話 0493-31-2010

主なサービス 後見の申立 任意後見契約 親族後見人サポート

当サイトへのリンクはご自由にお貼りください。

soudan-banner-big

access-map


【成年後見 業務対応地域】
東松山市 坂戸市 日高市 鳩山町 川島町 吉見町 嵐山町 小川町 滑川町 ときがわ町
毛呂山町 川越市 志木市 越生町 鶴ヶ島 北本市 鴻巣市 深谷市 志木市 ふじみ野市
富士見市 朝霞市 新座市 所沢市 日高市 飯能市 和光市 桶川市 上尾市 さいたま市
東秩父村 行田市 狭山市 秩父市 埼玉全域