遺言書の訂正の仕方

自筆証書遺言の訂正方法には決まりがある

民法968条2項で自筆証書遺言の訂正方法が定められています。

民法968条2項
自筆証書中の加除その他の変更は、遺言者が、その場所を指示し、これを変更した旨を付記して特にこれに署名し、かつ、その変更の場所に印を押さなければ、その効力を生じない。

つまり、遺言書の訂正方法は次のようになります。

  • 遺言者自身が訂正すること
  • 変更の場所を指示して、変更したことを付記すること
  • 付記した部分に署名すること
  • 変更した場所に押印すること

これらを守らずになされた加除訂正は無効となりますので、加除訂正がなかったものとして扱われます。

そして、無効な加除訂正をしたために、元の文字が読めなくなってしまった場合は、読めない部分は記載されていないものとされてしまいますので、注意が必要です。

なので、間違えて書いてしまった場合は、新しい遺言書を書き直した方が良いと思います。

自筆証書遺言は自分で全部書かなければいけませんから、もし間違えずに書くのが難しい文字数であれば、公正証書遺言にした方が良いかと思います。


遺言書の訂正サンプル

遺言書の訂正方法

訂正の仕方を解説します。

まず、余白部分に変更の場所を書きます。

上の例で言うと、「本遺言書15行目」、「本遺言書16行目」などと書いてある部分ですね。

行数や文字を書いて、変更する場所を指示します。


次に、変更した旨も書かなければなりません。

「削除した」、「訂正した」、「加入した」などで変更した旨を表しています。


そして、これらを付記した場所に署名が必要です。

上の例で言うと、一番最後に書いてある署名がそれにあたります。


最後に、訂正、加入、削除した場所に押印します。

上の例で言うと、15行目、16行目、17行目にそれぞれ押印してありますが、それが「変更の場所に押す印」ということになります。


訂正の仕方の解説は以上となりますが、上の例で見ても、ごちゃごちゃして分かりにくくなりますよね。

やはり、間違えてしまった場合は、新しい物を書きなおした方が良いかと思います。


遺言書の書き方・文例 メニュー


遺言書の書き方トップ

自筆証書遺言を書いてみよう


公正証書遺言について


遺言書の文例・見本


特に遺言書を作っておいた方が良いケース


遺言書を作るときの注意点


公証役場紹介




埼玉東松山の相続・遺言サポート

司法書士柴崎事務所では、遺言書作成サポートを受けたまわっております。

相談は無料です。

お電話(0493-31-2010)またはメールにてご予約の上、事務所にお越しください。


相談の多いサービス

相続登記
相続放棄
遺言書作成

サブコンテンツ

予約・お問い合わせ

埼玉県東松山市元宿二丁目26番地18 2階
司法書士柴崎事務所
電話 0493-31-2010
相談の多いサービス 
相続登記 相続放棄 遺言書作成

当サイトへのリンクはご自由にお貼りください。

無料相談受付中
アクセスマップ

業務対応地域
東松山市 坂戸市 日高市 鳩山町 川島町 吉見町 嵐山町 小川町 滑川町 ときがわ町
毛呂山町 越生町 鶴ヶ島 北本市 鴻巣市 深谷市 所沢市 狭山市 熊谷市 さいたま市
富士見市 川越市 秩父市 本庄市 行田市 飯能市 比企郡 埼玉全域

このページの先頭へ