遺言書の書き方・作成方法 祭祀主宰者・承継者の指定の文例

祭祀主宰者を指定する方法

祭祀財産とは、系譜(家系図など)、祭具(仏壇、仏具、位牌など)、墳墓(墓など)のことです。

祭祀財産は通常の相続財産とは切り離されて承継されます。

承継方法は、民法第897条に定められていて、まず、被相続人が指定していれば、指定された人が承継します。

被相続人が祭祀主宰者を指定する方法は、遺言書で指定しても良いし、口頭で指定しても構いません。

また、遺言書ではない文書で指定することも可能です。

公正証書遺言で祭祀主宰者を指定する場合は、公証人の手数料が1万1千円上がります。


被相続人の指定がなければ、慣習によって祭祀主宰者が定まります。

慣習も明らかでない場合は、家庭裁判所が定めることになります。

民法

(祭祀に関する権利の承継)
第897条  系譜、祭具及び墳墓の所有権は、前条の規定にかかわらず、慣習に従って祖先の祭祀を主宰すべき者が承継する。ただし、被相続人の指定に従って祖先の祭祀を主宰すべき者があるときは、その者が承継する。
2  前項本文の場合において慣習が明らかでないときは、同項の権利を承継すべき者は、家庭裁判所が定める。


遺言書で祭祀主宰者を指定するときの書き方

第〇条 遺言者は、祖先の祭祀を主宰すべき者として長男坂戸一郎(昭和〇年〇月〇日生)を指定する。


遺言書作成のサポート ご相談ください

遺言書の作成方法を間違えて、相続手続で困ってしまうケースが散見されます。

遺言書作成のサポートは司法書士にご相談ください。

遺言書作成

埼玉県東松山市元宿二丁目26番地18 2階
司法書士柴崎事務所
電話 0493-31-2010  問い合せフォーム
アクセス


遺言書の書き方・文例メニュー


遺言書の書き方トップ

自筆証書遺言を書いてみよう


公正証書遺言について


遺言書の文例・見本


特に遺言書を作っておいた方が良いケース


遺言書を作るときの注意点


公証役場紹介



サブコンテンツ

予約・お問い合わせ

埼玉県東松山市元宿二丁目26番地18 2階
司法書士柴崎事務所
電話 0493-31-2010
予約・問い合わせフォーム
アクセスマップ
相談の多いサービス 
相続登記 相続放棄 遺言書作成

当サイトへのリンクはご自由にお貼りください。

SNS

予約・お問い合わせ

無料相談受付中
アクセスマップ

業務対応地域
東松山市 坂戸市 日高市 鳩山町 川島町 吉見町 嵐山町 小川町 滑川町 ときがわ町
毛呂山町 越生町 鶴ヶ島 北本市 鴻巣市 深谷市 所沢市 狭山市 熊谷市 さいたま市
富士見市 川越市 秩父市 本庄市 行田市 飯能市 比企郡 埼玉全域

このページの先頭へ