祭祀主宰者を指定する方法

祭祀財産とは、系譜(家系図など)、祭具(仏壇、仏具、位牌など)、墳墓(墓など)のことです。

祭祀財産は通常の相続財産とは切り離されて承継されます。

承継方法は、民法第897条に定められていて、まず、被相続人が指定していれば、指定された人が承継します。

被相続人が祭祀主宰者を指定する方法は、遺言書で指定しても良いし、口頭で指定しても構いません。

また、遺言書ではない文書で指定することも可能です。

公正証書遺言で祭祀主宰者を指定する場合は、公証人の手数料が1万1千円上がります。


被相続人の指定がなければ、慣習によって祭祀主宰者が定まります。

慣習も明らかでない場合は、家庭裁判所が定めることになります。

民法

(祭祀に関する権利の承継)
第897条  系譜、祭具及び墳墓の所有権は、前条の規定にかかわらず、慣習に従って祖先の祭祀を主宰すべき者が承継する。ただし、被相続人の指定に従って祖先の祭祀を主宰すべき者があるときは、その者が承継する。
2  前項本文の場合において慣習が明らかでないときは、同項の権利を承継すべき者は、家庭裁判所が定める。


遺言書で祭祀主宰者を指定するときの書き方

第〇条 遺言者は、祖先の祭祀を主宰すべき者として長男坂戸一郎(昭和〇年〇月〇日生)を指定する。


遺言書作成のサポート ご相談ください

遺言書の作成方法を間違えて、相続手続で困ってしまうケースが散見されます。

遺言書作成のサポートは司法書士にご相談ください。

遺言書作成

埼玉県東松山市元宿二丁目26番地18 2階
司法書士柴崎事務所
電話 0493-31-2010  問い合せフォーム
アクセス


遺言書の書き方・文例メニュー


遺言書の書き方トップ

自筆証書遺言を書いてみよう


公正証書遺言について


遺言書の文例・見本


特に遺言書を作っておいた方が良いケース


遺言書を作るときの注意点


電子書籍「遺言書・活用ガイド」出版

遺言書を作っておかないと相続手続が大変になるケースがあります。
相続手続の基本と遺言書を作っておいた方が良いケースについて分かりやすく解説した「遺言書・活用ガイド」を出版しました。

アマゾンにて99円でダウンロードできます(kindle unlimited 対象)。



遺言書・活用ガイド

遺言書 小冊子プレゼント




認知症対策も考えるなら



Q&A 「家族信託」の活用 これで親子の相続・介護トラブルを防ごう!

認知症になったときに預貯金や不動産が凍結しないように「家族信託」の活用も検討しましょう。


公証役場紹介