財産をあげる人が遺言者より先に亡くなったときは代襲相続されない

遺言書で財産をあげるとした人が遺言者より先に亡くなったとき

相続関係図遺言者、孫


遺言者Aさんが、長男Bさんに不動産を相続させようとして次のような遺言書を作ったとします。


第○条 遺言者は、遺言者が所有する次の不動産を遺言者の長男Bに相続させる。

    不動産の表示(省略)


それでは、Aさんが亡くなる前にBさんが死亡した場合、不動産はBさんの子であるCさん(Aさんの孫)が代襲して相続できるでしょうか?

答えは、「原則的に(特段の事情のない限り)代襲してCさんが相続することはできない」です。

代襲相続できるか否かについては、長年、解釈が分かれていたのですが、最高裁平成23年2月22日判決によって解釈が統一されました。

最高裁判決

遺産を特定の推定相続人に単独で相続させる旨の遺産分割の方法を指定する「相続させる」旨の遺言は,当該遺言により遺産を相続させるものとされた推定相続人が遺言者の死亡以前に死亡した場合には,当該「相続させる」旨の遺言に係る条項と遺言書の他の記載との関係,遺言書作成当時の事情及び遺言者の置かれていた状況などから,遺言者が,上記の場合には,当該推定相続人の代襲者その他の者に遺産を相続させる旨の意思を有していたとみるべき特段の事情のない限り,その効力を生ずることはない


したがって、上記の例で、遺言者Aさんより先に長男Bさんが亡くなった場合に、孫のCさんに不動産を相続させたいのであれば、予備的に「Cさんに相続させる」旨の遺言を作っておく必要があります。

具体的には、次のような条項を遺言書に入れておきます。

第○条 万が一、遺言者より前に又は遺言者と同時に長男Bが死亡していた場合、遺言者は前条記載の不動産を遺言者の孫C(平成○年○月○日生)に相続させる。

以上のように遺言書を作るときは、万が一のことも考えておくのが良いかと思います。


遺言書の書き方・文例 メニュー


遺言書の書き方トップ

自筆証書遺言を書いてみよう


公正証書遺言について


遺言書の文例・見本


特に遺言書を作っておいた方が良いケース


遺言書を作るときの注意点


家族信託

認知症対策も考えるなら遺言書だけでは不十分です。
「家族信託」で認知症になっても不動産・預金が凍結しないようにしましょう。

「家族信託」を分かりやすく解説した電子書籍(kindle本)をAmazonで無料配布中です。



認知症による不動産・預金の凍結を防ぐ 家族信託・活用ガイド

公証役場紹介





サブコンテンツ

予約・お問い合わせ

埼玉県東松山市元宿二丁目26番地18 2階
司法書士柴崎事務所
電話 0493-31-2010
予約・問い合わせフォーム
アクセスマップ
相談の多いサービス 
相続登記 相続放棄 遺言書作成

当サイトへのリンクはご自由にお貼りください。

SNS

予約・お問い合わせ

無料相談受付中
アクセスマップ

業務対応地域
東松山市 坂戸市 日高市 鳩山町 川島町 吉見町 嵐山町 小川町 滑川町 ときがわ町
毛呂山町 越生町 鶴ヶ島 北本市 鴻巣市 深谷市 所沢市 狭山市 熊谷市 さいたま市
富士見市 川越市 秩父市 本庄市 行田市 飯能市 比企郡 埼玉全域

このページの先頭へ