自筆証書遺言の目録部分をパソコンで作成OK

2019年1月13日から施行された改正相続法により、自筆証書遺言の相続財産の目録部分を自筆以外の方法で作成できるようになりました。

目録をワープロやパソコンで作成することも可能です。

ただし、ワープロ書きした目録には各ページに署名押印が必要となります。


条文の確認

自筆証書遺言に関する民法968条の条文が改正されたため、財産目録をワープロなどで作成できるようになりました。

第968条

1 自筆証書によって遺言をするには、遺言者が、その全文、日付及び氏名を自書し、これに印を押さなければならない。

2 前項の規定にかかわらず、自筆証書にこれと一体のものとして相続財産(第997条第一項に規定する場合における同項に規定する権利を含む。)の全部又は一部の目録を添付する場合には、その目録については、自書することを要しない。この場合において、遺言者は、その目録の毎葉(自書によらない記載がその両面にある場合にあっては、その両面)に署名し、印を押さなければならない

3 自筆証書(前項の目録を含む。)中の加除その他の変更は、遺言者が、その場所を指示し、これを変更した旨を付記して特にこれに署名し、かつ、その変更の場所に印を押さなければ、その効力を生じない。

民法968条2項に、相続財産の目録を添付する場合は、目録を自書しなくて良いと書いてあります。

つまり、財産目録をワープロやパソコンで作成できるということです。

ただし、財産目録を手書きで書かない場合は、目録の各ページに署名押印が必要となります。これも民法968条2項の後半部分に書いてあります。


自筆証書遺言と目録のサンプル・ひな形

遺言書の本文は全て自書しなければなりません。

添付する相続財産の目録は自書せずに、パソコンやワープロで作成できます。

ただし、財産目録の各ページに署名押印しなければなりません。


自筆証書遺言に添付する財産目録のひな形(WORD)


遺言書作成のサポート ご相談ください

遺言書の作成方法を間違えて、相続手続で困ってしまうケースが散見されます。

遺言書作成のサポートは司法書士にご相談ください。

遺言書作成

埼玉県東松山市元宿二丁目26番地18 2階
司法書士柴崎事務所
電話 0493-31-2010  問い合せフォーム
アクセス


遺言書の書き方・文例メニュー


遺言書の書き方トップ

自筆証書遺言を書いてみよう

公正証書遺言について

遺言書の文例・見本

特に遺言書を作っておいた方が良いケース

遺言書を作るときの注意点

認知症対策も考える

電子書籍「遺言書・活用ガイド」出版

遺言書を作っておかないと相続手続が大変になるケースがあります。
相続手続の基本と遺言書を作っておいた方が良いケースについて分かりやすく解説した「遺言書・活用ガイド」を出版しました。

アマゾンにて99円でダウンロードできます(kindle unlimited 対象)。



遺言書・活用ガイド

遺言書 小冊子プレゼント


認知症対策も考えるなら



Q&A 「家族信託」の活用 これで親子の相続・介護トラブルを防ごう!

認知症になったときに預貯金や不動産が凍結しないように「家族信託」の活用も検討しましょう。

公証役場紹介

ご予約・お問い合わせ

司法書士柴崎事務所

埼玉県東松山市元宿二丁目26番地18 2階
電話 0493-31-2010

主な業務
相続登記 預金相続 遺言書作成サポート 相続放棄

相続手続・家族信託の初回面談相談を無料で承っております。
ご相談予約はお電話かフォームよりお願いします。

相続登記のご依頼はスマホ・パソコンを使ってオンライン(ビデオ通話)でご依頼いただけます。

無料相談受付中