継母が死亡したが財産を相続できない

父親の再婚相手と養子縁組をしていなかった

Aさんが幼いころにお母さんが亡くなり、しばらくしてお父さんは再婚をしました。

Aさんはお父さんと、その再婚相手(継母)と暮らしていきました。

その後、お父さんが亡くなり、Aさんと継母とで暮らしていました。

なお、お父さんが亡くなったときに、自宅不動産を継母名義に相続登記しました。

継母が高齢になっても、Aさんはまるで実母のように継母の面倒を見ていました。

やがて、継母が亡くなり、Aさんは継母名義の預貯金の相続手続に行きましたが、銀行員に「Aさんは相続人ではないから継母の預金を相続することはできない」と言われました。

そして、自宅不動産をAさん名義に相続登記しようとしたところ、司法書士にも「Aさんは継母の相続人ではないからAさん名義に相続登記はできない」と言われました。


実は、継母とAさんは養子縁組していなかったのです。

養子縁組していないので、Aさんは継母の相続人にはなりません。

継母の相続人は、継母に他に子がいれば、その子です。

子がいなければ、継母の直系尊属(親など)、直系尊属もいなければ兄弟姉妹です。


でも、父が亡くなった時に、自宅不動産も継母名義にしてしまったし、継母の老後の面倒もAさんはよく見てきました。

継母の遺産をAさんは相続したかったのですが、どうすれば良かったでしょうか?


養子縁組をして遺言書を作っておく

まずは、Aさんと継母で養子縁組をしておくべきでした。

養子縁組をすることにより、Aさんは継母の養子となり、相続人となります。

さらに、継母に子どもがいるなら、遺言書を作ってもらっておいた方が良かったでしょう。

遺言書がないと、養子となったAさんと継母の子どもが相続人となりますから、その人たちで遺産分割協議をしなければなりません。

Aさんと、継母の子どもとで面識がないと、遺産分割の話し合いも大変でしょう。

遺言書があれば、遺産分割協議をしないで、不動産や預貯金の名義変更ができます。


なお、遺言書を作成すれば、相続人でない人にも財産を遺贈できますので、必ずしもAさんと継母で養子縁組をしなければならないと言う訳ではありません。


当事務所では公正証書遺言の作成サポートも受けたまわっておりますので、お気軽にご相談ください。


遺言書作成


遺言書の書き方・文例 メニュー


遺言書の書き方トップ

自筆証書遺言を書いてみよう


公正証書遺言について


遺言書の文例・見本


特に遺言書を作っておいた方が良いケース


遺言書を作るときの注意点


家族信託

認知症対策も考えるなら遺言書だけでは不十分です。
「家族信託」で認知症になっても不動産・預金が凍結しないようにしましょう。

「家族信託」を分かりやすく解説した電子書籍(kindle本)をAmazonで無料配布中です。



認知症による不動産・預金の凍結を防ぐ 家族信託・活用ガイド

公証役場紹介





サブコンテンツ

予約・お問い合わせ

埼玉県東松山市元宿二丁目26番地18 2階
司法書士柴崎事務所
電話 0493-31-2010
予約・問い合わせフォーム
アクセスマップ
相談の多いサービス 
相続登記 相続放棄 遺言書作成

当サイトへのリンクはご自由にお貼りください。

SNS

予約・お問い合わせ

無料相談受付中
アクセスマップ

業務対応地域
東松山市 坂戸市 日高市 鳩山町 川島町 吉見町 嵐山町 小川町 滑川町 ときがわ町
毛呂山町 越生町 鶴ヶ島 北本市 鴻巣市 深谷市 所沢市 狭山市 熊谷市 さいたま市
富士見市 川越市 秩父市 本庄市 行田市 飯能市 比企郡 埼玉全域

このページの先頭へ