川越の小学校で相続・遺言の講演をしました

川越の小学校のPTAの講座にお招きいただきました。

「相続・遺言」について話してほしいとのことだったので、約90分にわたり不動産や預金の相続手続の流れや、相続手続が滞ってしまうケース、遺言書を使った予防法などのお話をしてきました。

司法書士は、不動産や預貯金の相続手続を業務として行うことが多いです。

遺言書がない場合は、相続人全員が遺産分割協議書に実印を押印して印鑑証明書を添付する必要があるのです。

これが、相続人同士で話がまとまらないと実印の押印がそろいませんので、相続手続もできなくなってしまいます。

相続の話し合いがまとまらなければ、家庭裁判所に遺産分割調停を申し立てて、長い期間を費やさなければならないかもしれません。

子どものいない夫婦だったり、前の配偶者との間に子がいるが連絡が取れないような状態だったりする場合は注意が必要です。

また、相続人の中に認知症で判断能力がない人がいたり、行方不明の人がいても、成年後見人や不在者財産管理人を家庭裁判所で選んでもらわなくてはならなくなります。


上記のようなことが原因で相続手続が滞ることを防ぐために、生前に遺言書を作っておくことが重要です。

なお、相続手続の仕事をしているとご家族から自筆証書遺言を持ち込まれることがあります。

自筆証書遺言とは、自分で書く遺言書なのですが、書き方が民法で厳格に定められています。

これを間違えてしまうと遺言自体が無効となります。

経験上、持ち込まれる自筆証書遺言の8~9割は作り方を間違えていて無効だったり、内容が不明瞭で問題があったりします。

その様な遺言書では結局相続人全員の実印が必要となってしまうことが多く、遺言書を作った意味がありません。

公証人の作る公正証書遺言であれば形式を間違えて無効になるということは、ほぼありませんから、可能な限り公正証書遺言を作った方が良いでしょう。

また、スムーズに遺言書を使って相続登記などの相続手続ができるように司法書士のアドバイスも受けた方が好ましいです。


相続手続をスムーズに行うには、生前の対策が重要ですので、このことを一人でも多くの人に知ってもらえればと思います。


相談の多いサービス

相続登記
相続放棄
遺言書作成

司法書士柴崎事務所
埼玉県東松山市元宿二丁目26番地18 2階
電話 0493-31-2010
コンタクトフォーム
アクセスマップ

遺言書・活用ガイド: ~ 相続トラブル防止!! ~ 家族信託・相続・後見シリーズ


サブコンテンツ

予約・お問い合わせ

埼玉県東松山市元宿二丁目26番地18 2階
司法書士柴崎事務所
電話 0493-31-2010
予約・問い合わせフォーム
アクセスマップ
相談の多いサービス 
相続登記 相続放棄 遺言書作成

当サイトへのリンクはご自由にお貼りください。

SNS

予約・お問い合わせ

無料相談受付中
アクセスマップ

業務対応地域
東松山市 坂戸市 日高市 鳩山町 川島町 吉見町 嵐山町 小川町 滑川町 ときがわ町
毛呂山町 越生町 鶴ヶ島 北本市 鴻巣市 深谷市 所沢市 狭山市 熊谷市 さいたま市
富士見市 川越市 秩父市 本庄市 行田市 飯能市 比企郡 埼玉全域

このページの先頭へ