内縁の妻は遺産を相続できない

内縁の妻BさんはAさんの遺産を相続できるか?

相続関係図 内縁の妻

Aさんは前妻と離婚しており、現在は内縁の妻Bさんと同居しています。

Aさんには前妻との間の子であるCさんがいます。

Aさんは家を持っており、この家にAさんとBさんとで住んでいます。

Aさんが亡くなったときに、この家を内縁の妻であるBさんが相続することはできるのでしょうか?


内縁の妻は相続人とならない

内縁の妻であるBさんは、Aさんの相続人となりません。

民法で相続人になれる人は決まっていて、配偶者、子(その代襲者)、直系尊属、兄弟姉妹(その代襲者)となっています。

AさんとBさんは法律上の配偶者ではありませんので、Bさんは相続人ではありません。

上記の例で言うと、Aさんの相続人は、その子であるCさんのみです。


Bさんが家を相続するにはどうすれば良いか?

生前にAさんとBさんが婚姻届を出せば、BさんはAさんの法律上の配偶者となりますから、BさんはAさんの相続人となります。


それでは、婚姻届を出さないで、Aさんの遺産を相続するにはどうすれば良いでしょうか?

Aさんが生前に、Bさんに遺産を遺贈する旨の遺言書を作っておけば、遺産をBさんにもあげることができます。

文例は次のような感じです。

次の不動産を内縁の妻B(昭和○○年○○月○○日生、住所 埼玉県東松山市元宿○丁目○番地○)に遺贈する。

なお、遺贈の場合に、Aさんの死後、不動産の所有権移転登記をするのにAさんの相続人全員が登記義務者となります。

ただ、相続人全員の調整を図るのが大変になるかと思いますので、遺言執行者の指定をしておいた方が良いかと思います。

遺言執行者を指定しておけば、所有権移転登記の登記義務者を遺言執行者のみですることができます。

遺言執行者の詳細については、遺言執行の記事をご覧ください。


なお、遺言書を作るときは、Aさんの相続人の遺留分を考えて財産を分け方を決めましょう。

上記の例で言うと、Cさんの遺留分は4分の1となります。

財産の4分の1相当額は、Cさんが相続する内容の遺言を作った方が、Aさんが亡くなった後にもめることがないでしょう。


遺言書は公正証書で

遺言書は自分で書くこともできますが、様式を間違えると無効な遺言となってしまいます。

当事務所では、公証役場で作成する公正証書遺言をお勧めしています。

公正証書遺言の作成サポートも受けたまわっておりますので、お気軽にご相談ください。


遺言書作成


遺言書の書き方・文例 メニュー


遺言書の書き方トップ

自筆証書遺言を書いてみよう


公正証書遺言について


遺言書の文例・見本


特に遺言書を作っておいた方が良いケース


遺言書を作るときの注意点


家族信託

認知症対策も考えるなら遺言書だけでは不十分です。
「家族信託」で認知症になっても不動産・預金が凍結しないようにしましょう。

「家族信託」を分かりやすく解説した電子書籍(kindle本)をAmazonで無料配布中です。



認知症による不動産・預金の凍結を防ぐ 家族信託・活用ガイド

公証役場紹介





サブコンテンツ

予約・お問い合わせ

埼玉県東松山市元宿二丁目26番地18 2階
司法書士柴崎事務所
電話 0493-31-2010
予約・問い合わせフォーム
アクセスマップ
相談の多いサービス 
相続登記 相続放棄 遺言書作成

当サイトへのリンクはご自由にお貼りください。

SNS

予約・お問い合わせ

無料相談受付中
アクセスマップ

業務対応地域
東松山市 坂戸市 日高市 鳩山町 川島町 吉見町 嵐山町 小川町 滑川町 ときがわ町
毛呂山町 越生町 鶴ヶ島 北本市 鴻巣市 深谷市 所沢市 狭山市 熊谷市 さいたま市
富士見市 川越市 秩父市 本庄市 行田市 飯能市 比企郡 埼玉全域

このページの先頭へ