公正証書遺言の文例

文例


遺言公正証書

本公証人は、遺言者坂戸太郎の嘱託により、後記証人2名の立会いのもと、遺言者の口述を筆記し、本証書を作成する。


第1条 遺言者は、遺言者の有する次の不動産を、遺言者の妻坂戸花子(昭和〇年〇月○日生)に相続させる。

(1)  所  在  埼玉県東松山市あずま町一丁目
     地  番  〇番○
     地  目  宅 地
     地  積  160・00平方メートル

(2)  所  在  埼玉県東松山市あずま町一丁目〇番地○
     家屋番号  〇番○
     種  類  居 宅
     構  造  木造スレート葺2階建
     床面積   1階 70・23平方メートル
           2階 55・48平方メートル


第2条 遺言者は、遺言者の有する下記預貯金を遺言者の長男坂戸一郎(昭和〇年〇月○日生)に相続させる。

(1)  〇〇銀行 東松山支店 普通預金
     口座番号 1234567

(2)  〇〇銀行 東松山支店 定期預金
     口座番号 1234567

(3)  ゆうちょ銀行 通常貯金
     記号 〇〇〇〇〇 番号12345678


第3条 遺言者は、前各条に記載した財産以外の、遺言者の有する動産その他一切の財産を前記妻坂戸花子に相続させる。

第4条 遺言者は、祖先の祭祀を主宰すべき者として、前記長男坂戸一郎を指定する。

第5条 遺言者は、この遺言の遺言執行者として前記長男坂戸一郎を指定する。
 2. 遺言執行者は、この遺言に基づく不動産に関する登記手続及び預貯金の名義変更・解約・払戻しその他この遺言の執行に必要な一切の行為をすることができる。
 3. 遺言執行者は、この遺言の執行に関し、第三者にその任務を行わせることができる。

第6条 附言事項

花子、一郎、今までありがとう。

一郎においては私の死後も母さんのことを宜しく頼む。

家族が仲良く暮らしていくことを願っています。

<以下 略>


遺言書の内容について

上記は、妻に不動産、長男に預貯金を相続させる内容の文例です。

記載してある不動産と預貯金以外に財産があった場合は、第3条により妻が相続することになります。

第4条で、祭祀主宰者として長男を指定していますが、これはお墓や仏壇などの承継者ということです。

第5条で、遺言執行者として長男が指定されており、相続開始後の金融機関での手続を長男だけで行うことができます。

遺言執行を第三者に行わせることができる旨も規定されているので、自分でやるのが大変な場合は司法書士などに依頼することもできます。

第6条の附言事項は、法的拘束力はありませんが、遺言者の気持ちなどを書いておくことができます。

遺産の分け方についての説明、家族などへの感謝の気持ち、葬儀についての希望などを書くのに使われたりします。


公正証書遺言PDFファイル ダウンロード

公正証書遺言文例(pdfファイル)


遺言書文例一覧



司法書士ひな形集
(当サイトの情報がお役に立ちましたら、Facebookやツイッター等でのシェア、ブログ等での紹介をして頂けると助かります)
本サイトに掲載してある情報はご自身の責任においてご活用ください。



相談の多いサービス

相続登記
相続放棄
遺言書作成


電子書籍(kindle本)出版しました

認知症になると不動産・預貯金が凍結されます。
家族のために認知症に備える方法について解説しました。

現在、無料でダウンロードできます(Amazonの意向で無料販売が中止されることがありますので、お早目にダウンロードしてください)。



「家族信託・活用ガイド」司法書士柴崎智哉著

kindle本は無料アプリを使ってPCやスマホで読めます。
無料アプリ



サブコンテンツ

予約・お問い合わせ

埼玉県東松山市元宿二丁目26番地18 2階
司法書士柴崎事務所
電話 0493-31-2010
予約・問い合わせフォーム
アクセスマップ
相談の多いサービス 
相続登記 相続放棄 遺言書作成

当サイトへのリンクはご自由にお貼りください。

SNS

予約・お問い合わせ

無料相談受付中
アクセスマップ

業務対応地域
東松山市 坂戸市 日高市 鳩山町 川島町 吉見町 嵐山町 小川町 滑川町 ときがわ町
毛呂山町 越生町 鶴ヶ島 北本市 鴻巣市 深谷市 所沢市 狭山市 熊谷市 さいたま市
富士見市 川越市 秩父市 本庄市 行田市 飯能市 比企郡 埼玉全域

このページの先頭へ