遺産分割調停

相続の話し合いがまとまらない

相続人間で遺産分割の話し合いがまとまらないときは、家庭裁判所の遺産分割調停を申し立てることが考えられます。

相続人の一人または数人から、他の相続人全員を相手方として、家庭裁判所に対して遺産の分割を求める調停を申し立てます。

遺産分割調停を申し立てると、調停期日が設定され、調停委員が相続人たちから事情や希望などを聴きます。

調停委員が中立の立場で助言をして、相続人間の合意を目指して話し合いを進めます。

なお、話し合いがまとまらずに、調停が不成立となった場合は、遺産分割審判に移行します。

遺産分割審判では、裁判官が相続人それぞれの事情を考慮して、遺産分割方法を定めます。


遺産分割調停の申し立て方法

管轄
相手方の住所地または当事者が合意で定める家庭裁判所
裁判所の手数料
収入印紙1200円と郵便切手(数千円ぐらい)
添付書類
被相続人との関係性を証する除籍謄本・改正原戸籍謄本など
相続人全員の戸籍謄本、戸籍の附票(または住民票)
(遺産に不動産があるときは)不動産登記事項証明書、固定資産税評価証明書
その他、遺産に属する物または権利に関する資料の写しなど

遺産分割調停 申立書作成報酬

遺産分割調停の申立書作成の司法書士報酬は10万円(+税)です。


相談の流れ

  • 初回相談は無料ですので、お電話(0493-31-2010)またはメールにてご予約ください。事務所にてお話しを伺います。
  • 必要書類についてご説明をして書類を集めてもらいます。一部の書類(戸籍謄本など)は当職の方でも取得することができますのでご相談ください。
  • 遺産分割調停申立書を作成します。
  • 完成した遺産分割調停申立書の内容をご確認のうえ、署名捺印して頂きます。
  • 遺産分割調停申立書を家庭裁判所に提出します。
  • 調停期日になったら、家庭裁判所に行って、調停委員が間に入って話し合いをして頂きます。
  • 調停期日の回数は事案により異なりますが、数回ぐらいが多いようです。

サブコンテンツ

予約・お問い合わせ

埼玉県東松山市元宿二丁目26番地18 2階
司法書士柴崎事務所
電話 0493-31-2010
相談の多いサービス 
相続登記 相続放棄 遺言書作成

当サイトへのリンクはご自由にお貼りください。

無料相談受付中
アクセスマップ

業務対応地域
東松山市 坂戸市 日高市 鳩山町 川島町 吉見町 嵐山町 小川町 滑川町 ときがわ町
毛呂山町 越生町 鶴ヶ島 北本市 鴻巣市 深谷市 所沢市 狭山市 熊谷市 さいたま市
富士見市 川越市 秩父市 本庄市 行田市 飯能市 比企郡 埼玉全域

このページの先頭へ