令和2年1月14日から不動産の登記事項証明書や登記情報にQRコードが印刷されるようになりました。

これを読み込むためにバーコードリーダーを買ってみました。

取り敢えず3000円弱のバーコードリーダーを買いましたが、QRコードは無事に読み込めました。




これで登記情報のQRコードを読み込むと、F3 + 令和2年1月14日から不動産の登記事項証明書や登記情報にQRコードが印刷されるようになりました。

申請用総合ソフトの「QRコード読込」のところを使って、バーコードリーダーで読み込むと、物件の所在地番(家屋番号)しか入力されず、地目や地積等は手入力するようです。

物件



「QRコード読込」のところを使わず、「物件情報直接入力」を選び、「不動産番号」を選択し、「不動産番号」の入力欄にカーソルを合わせて、QRコードをスキャンすると不動産番号のほか、前に6桁(登記所コード等)、後ろに8桁(日付)が入力されてしまいます。

この前6桁と後ろの8桁を手作業で削除するのが、物件入力で一番労力が少ないでしょうか。

不動産番号を記載した場合は、土地の所在、地番、地目及び地積(建物の所在、家屋番号、種類、構造及び床面積)の記載を省略することができるので(ただし、「敷地権の種類」及び「敷地権の割合」の記載省略はできない)。



ご予約・お問い合わせ

司法書士柴崎事務所

埼玉県東松山市元宿二丁目26番地18 2階
電話 0493-31-2010

主な業務
相続登記 預金相続 遺言書作成サポート 相続放棄

相続手続・家族信託の初回面談相談を無料で承っております。
ご相談予約はお電話かフォームよりお願いします。

相続登記のご依頼はスマホ・パソコンを使ってオンライン(ビデオ通話)でご依頼いただけます。

無料相談受付中