不動産(土地・建物)贈与契約書のWordひな形(雛形)と収入印紙代

贈与契約書のひな形・文例書式

土地と建物の贈与契約書の記載例です。


贈与契約書

贈与者〇〇(以下「甲」という)と受贈者〇〇(以下「乙」という)は、本日、以下の通り贈与契約を締結した。

第1条 甲は、その所有する下記不動産(以下「本件不動産」という)を乙に贈与し、乙はこれを受諾した。

所  在  東松山市○町○丁目
地  番  ○番○
地  目  宅  地
地  積  ○○・○○㎡

所  在  東松山市○町○丁目 ○番地○
家屋番号  ○番○
種  類  居  宅
構  造  木造スレート葺2階建
床面積   1階 ○○・○○㎡
      2階 ○○・○○㎡

第2条 甲は、乙に対し、平成〇〇年〇〇月〇〇日までに、本件不動産を引渡し、かつその所有権移転登記手続を行う。なお、所有権移転登記手続に必要な一切の費用は乙の負担とする。

第3条 本件不動産の公租公課については、所有権移転登記完了の日を基準として、登記の日までに相応する分は甲、その翌日以降に相応する分は乙の負担とする。

上記の通り契約が成立したので、これを証するため、本契約書2通を作成し、甲乙各1通を保有するものとする。

平成  年  月  日

        埼玉県東松山市元宿○丁目○番地○
贈与者(甲)    坂戸太郎 (印)

        埼玉県熊谷市宮町○丁目○番地○
受贈者(乙)    川越一郎 (印)



贈与契約書Wordファイルダウンロード

贈与契約書(Wordファイル)


不動産の贈与契約書の収入印紙

不動産の贈与契約書には収入印紙200円を貼ります。
国税庁ホームページ参照)

ちなみに、金銭の贈与契約書の場合は、不動産の贈与に当たらないので収入印紙は不要です。


不動産贈与登記

不増産贈与契約をしたら、贈与登記をしましょう。

なお、贈与税のことを考えずに贈与登記をしてしまうと、あとで税務署から贈与税を支払うように言われると思われます。

贈与登記をする際は、専門家に相談したほうが安全です。

当事務所では必要に応じて税理士を紹介しております。

生前贈与


契約書ひな形一覧



司法書士ひな形集
(当サイトの情報がお役に立ちましたら、Facebookやツイッター等でのシェア、ブログ等での紹介をして頂けると助かります)
本サイトに掲載してある情報はご自身の責任においてご活用ください。



相談の多いサービス

相続登記
相続放棄
遺言書作成



アンケート

相続・遺言に関するひな形・文例で、あると便利だと思うものがありましたら、次のフォームからお知らせください。

作成するか検討し、作成した場合はひな形・文例をサイトにアップします。
(個別のお返事はできません。
 仕事のご依頼は問い合わせフォームをご利用ください。)

メールアドレス(必須)

メッセージ




サブコンテンツ

予約・お問い合わせ

埼玉県東松山市元宿二丁目26番地18 2階
司法書士柴崎事務所
電話 0493-31-2010
予約・問い合わせフォーム
アクセスマップ
相談の多いサービス 
相続登記 相続放棄 遺言書作成

当サイトへのリンクはご自由にお貼りください。

SNS

予約・お問い合わせ

無料相談受付中
アクセスマップ

業務対応地域
東松山市 坂戸市 日高市 鳩山町 川島町 吉見町 嵐山町 小川町 滑川町 ときがわ町
毛呂山町 越生町 鶴ヶ島 北本市 鴻巣市 深谷市 所沢市 狭山市 熊谷市 さいたま市
富士見市 川越市 秩父市 本庄市 行田市 飯能市 比企郡 埼玉全域

このページの先頭へ